まるでぬか漬け? 鯖の味噌焼きレシピ

漬けておくだけ! 鯖の味噌焼き

食材を味噌ヨーグルトに漬け込むと、ぬか漬け風になります。鯖の中まで酸味と塩分が染み込むので、焼くだけでお店の味に。しっかり拭き取ればヨーグルトの味はしません。野菜も一緒に漬けて焼きましょう。食卓の定番になること間違いなしのレシピです。

出典: 鯖の味噌ヨーグルト漬け焼き [世界のおうちご飯] All About

簡単10分! 鯖の味噌煮レシピ

フライパンでちゃちゃっと! 鯖の味噌煮

煮込みに時間がかかる鯖の味噌煮ですが、フライパンを使えばたった10分で作ることができるんです。余計なものを加えないシンプルレシピ。お料理初心者の方でもこれなら失敗しません。

出典: 簡単!フライパンで作る鯖の味噌煮レシピ [男の料理] All About

甘辛! 鯖のから揚げレシピ

はちみつソースでしっかり味付け! 鯖のから揚げ

どうしても鯖はだめなんです……という方にもおすすめできるレシピです。鯖に片栗粉をまぶしてカリッと揚げ、はちみつ入りの甘じょっぱいソースを絡めました。こしょうや生姜のすっきりした辛さがクセになりそう。

出典: 鯖のスパイシー唐揚げ [毎日のお助けレシピ] All About

コチュジャンで簡単に韓国風! 鯖の味噌煮レシピ

鯖の味噌煮は韓国でも人気!

海に面した韓国ですから、鯖はよく食べられています。韓国料理はやっぱり辛さが決め手。いつもの味噌煮にコチュジャンを加えれば、簡単にマネできちゃう。一緒に煮込んだ大根にも味が染みて、おいしいレシピになっています。

出典: 韓国風サバの味噌煮 [世界のおうちご飯] All About

おしゃれすぎる! 鯖のミモザソースソテー

鯖のミモザ・ソース

耳慣れない「ミモザソース」、実は簡単にできちゃいます。シャンパンとオレンジ果汁を合わせて火にかけるだけ。ちょっとの工夫で夕食の雰囲気を変えるレシピです。鯖とオレンジの組み合わせは面白そうですね。ワインのおともにどうぞ。

出典: 鯖のミモザ・ソース [男の料理] All About

簡単! 鯖の豆板醤ソテーのレシピ

山椒香る鯖の豆板醤ソテー

豆板醤を塗って鯖をソテーした、中華風のレシピです。焼く前に山椒をまぶすことで、つーんとした和の香りが鼻に抜けていきます。辛さで食欲が出ますので、真夏には持ってこいの一品。辛いのが得意でない方は、豆板醤の量を調節してみてくださいね。

出典: さばの中華風ピリ辛ソテー [バランス献立レシピ] All About

料理研究家のレシピ! スパイス香る鯖のトマト煮

鯖のトマト煮

こちらはNHK「きょうの料理」で放送されたプロの鯖レシピです。オレガノが効いて、一味違ったトマト煮になっています。野菜のうま味が出ていますので、市販のだしを使わなくても大丈夫。減塩にもなりますね。フライパン1つでできるのも助かります。

出典: [さばのトマト煮] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

栄養満点! 鯖とトマトのカレー

子どもが大好きカレーライスに鯖をプラスして

カレーは色々な栄養素をまとめて摂れる万能メニュー。暑い夏にはモリモリ食べて、スタミナをつけたいですよね。トマトが鯖のくさみを消してくれるので、魚が苦手な人でも大丈夫。汗っかきの子どもや疲れ気味のお父さんにも嬉しい、夏バテ予防効果も。栄養バランスが整ったレシピです。

出典: さばのトマトカレー|レシピ|ニッスイ

洋風レシピも◎

和風に飽きたら! 鯖のムニエル

味噌煮や塩焼きなど、レシピが一通りになりがちな鯖料理。和風の味に飽きたら、気分を変えてムニエルを作ってみませんか?バターとしめじが香り高く、トマトの酸味がさっぱり感を与えてくれます。鯖の油には血圧を下げる効果がありますので、積極的に摂って健康を維持したいですね。

出典: さばのムニエル レシピ | ボブとアンジー

骨までペロリ! 圧力鍋でつくる鯖の味噌煮レシピ

基本の圧力鍋レシピ! 缶詰みたいな鯖の味噌煮

魚が骨までいただけるのは圧力鍋ならではですよね。お家で缶詰みたいな鯖の味噌煮が作れるレシピです。イライラしながら小骨を取る夕食とはおさらば。骨にはカルシウムが含まれますので、育ち盛りの子どもや女性にも嬉しいですね。

出典: 圧力鍋で骨までホロホロに美味しい!さば(鯖)の味噌煮 | 週末の作り置きレシピ

イタリアンにも◎

さばのトマトソース

さばのトマトソース、通称「サバトマ」。生魚より日持ちがし、扱いも楽な干物はお手軽レシピのお助け食材。サバの旨味とトマトの酸味は相性バッチリ。お箸で食べる簡単イタリアンです。また、干物が人数分に足らない場合も、野菜でボリュームアップを図れます。

出典: さばとトマトで手軽にメイン!干物でイタリアン、サバトマレシピ [簡単スピード料理] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項