風邪、ストレス等により下痢、胃もたれなど胃腸の具合が悪くなる時があります。そのような症状がある時の、消化の良い食事のポイントをまとめました。
1 消化の良い食品や調理方法を選びましょう
2 胃酸の分泌を高める食品は、控えましょう
3 食事は、ゆっくりよくかんで食べましょう
4 冷たいものは、一気に飲まないようにしましょう
5 食後は、休息をとりましょう

リンク: 胃腸の調子が悪い時の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部

胃にトラブルがある時は、たくさんの量は食べられませんから、消化が良く、なおかつ栄養価に優れた食べ物を選びたいですね。
少ししか食べられなくても、身体にはエネルギーが必要ですからエネルギー源となる糖質を多く含み、なおかつ消化がよいのは、おかゆやうどんなどの食品を柔らかく煮込んだものです。

リンク: 2/3 胃もたれ・食べすぎ・胸焼けの対処法 [食と健康] All About

よく噛まずに飲み込むような早食いや、おそばのようにすすって食べることも、胃に負担がかかります。また食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまうので、胃が張りゲップの原因になったり、おなかが苦しくなったりします。よく噛むことは、消化を助けることになります。

リンク: 3/3 胃もたれ・食べすぎ・胸焼けの対処法 [食と健康] All About

ストレスが原因の胃痛

ストレスを抱えていると、胃が痛くなる人は少なくありません。胃とストレスの関係、食事時間をリラックスタイムにするためのちょっとした工夫などをご紹介します。

出典: ストレスで胃が痛くなるのはなぜ? [ストレス] All About

「機能性ディスペプシア」による胃痛も……

上腹部症状で受診する患者さんの約半数を占める「機能性ディスペプシア」。以前は「機能性胃腸症」や「慢性胃炎」といった言い方で説明されていた疾患です。この場合、生活指導、食事指導、薬物療法で治療を行います。

出典: お腹の痛みはストレスかも?機能性ディスペプシアとは [胃腸の病気] All About