とりあえずこの4記事を読めば間に合う!

そもそもピボットテーブルってなんだ?

ピボットテーブルは、表のデータを“クロス集計”という方法で、様々な角度から集計できる機能。言葉で説明すると何がなんだかですが、実際に使ってみるとその便利さに度肝を抜かれるはず。

出典: ピボットテーブルの使い方 [エクセル(Excel)の使い方] All About

とりあえずこの3つの定番操作を覚えよう

ボットテーブルの基本的な定番操作には「データの絞り込み」「詳細データ表示」「集計方法の変更」があります。

出典: ピボットテーブルの3つの定番操作 [エクセル(Excel)の使い方] All About

ピボットテーブルのレイアウト変更はこうやる!

ピボットテーブルのレイアウトは、簡単な操作で自由に変更が可能。この柔軟性も、ピボットテーブルの魅力のひとつといえるのです。

出典: ピボットテーブルのレイアウト変更 [エクセル(Excel)の使い方] All About

グループ化機能を使えば多様な集計が可能に

ピボットテーブルで日付や数値の範囲を指定して集計するときは、日付や数値でグループ化する必要があります。グループ化機能を活用すれば、集計もさらに多彩に!

出典: ピボットテーブルのグループ化で集計が多様に [エクセル(Excel)の使い方] All About

応用編も!

エクセル(Excel)のスライサー機能でピボットテーブルが強力に

Excel2010から新しく登場した機能「スライサー」は、ピボットテーブルの操作性をあげる便利機能です。従来のピボットテーブルの操作と比較しながら、スライサーのメリットや基本的な操作方法、使えないときの対処法について紹介しています。

出典: エクセル(Excel)のスライサー機能でピボットテーブルが強力に [エクセル(Excel)の使い方] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項