北海道を席巻中!ご当地グルメ「豚丼」の美味い店5選

元祖豚丼のぱんちょう

帯広豚丼発祥の店「元祖豚丼のぱんちょう」。ここはテレビや旅行雑誌などのメディアにもよく取り上げられることもあり、お店の前にはいつも地元や観光客の長い行列ができています。 極上の厚切りロースを炭火で焼き上げたこちらの豚丼、昔から伝わる秘伝のタレと香ばしい炭火焼きの風味がマッチしており、その味絶妙!これぞ帯広っ子のソウルフードとも言えるでしょう。

出典: ぱんちょう(帯広/丼もの) - Retty

味処 新橋

創業90年!元祖豚丼のぱんちょうと並んで帯広で豚丼の歴史を作り上げてきた老舗の豚丼専門店「味処 新橋」。その真っ黒な色から一見クドそうに見えますが、食べてみると味は意外にさっぱり!こちらの豚丼は炭火でなくあえてフライパンを使い、焼き汁の旨みと「50年継ぎ足して使ってきた」という秘伝の黒いタレを混ぜ合わせるというお店独特の方法で作られていて、食べるに従いクセになってしまいますよ。

出典: 新橋 (しんばし) (帯広/定食) - Retty

ぶた丼のとん田

かつては精肉店だったという「ぶた丼のとん田」、さすが肉屋さんのこだわりで材料の豚肉はすべて地元、十勝産。メニューは、ロース、バラ、ヒレの三種類から選べますが、ガイドのオススメはコクのあるバラです。安くてうまいとの評判も高く、食べログ北海道ベストにも選ばれました。休日のランチタイムは行列覚悟で行く必要があるのでご注意を。

出典: ぶた丼のとん田(帯広/日本料理) - Retty

ぶた八

炭焼きと濃いめのタレが特徴の 「ぶた八」。そのメニューは肉の量によって一朗(特大)から四朗(並)ある中で、二朗(大盛り)4個分のボリュームがあるメガ豚どんには思わず目を奪われてしまいます。本店の他帯広駅構内でも「 ひも引き加熱式容器」使用の駅弁が販売されており、車中やホテルの夜食でもホコホコの温かい状態でこの帯広名物を味わうことができますよ。 

出典: 北海道帯広名物 炭焼き豚どんの 「ぶた八」 駅弁のご紹介

ドライブインいとう新千歳空港店 豚丼名人

新千歳空港国内線ターミナルビル3Fにある「豚丼名人」。本店「ドライブインいとう」は、その名の通り十勝平野郊外にあるドライブインですが、ここの美味しい豚丼が口コミで広がり、押しも押されぬ豚丼専門店としての地位を確立しました。味の決め手は食道楽の社長が豚肉の味を引き出す10種類以上の薬味成分をブレンドして作り出したというタレ。豚肉も地元産を使用し、肉、ご飯、たれをそれぞれ2層に盛り付けた「元祖二階建大盛豚丼」など変わり種メニューもありますが、ガイドのオススメは「とろ~り温泉たまご豚丼」です。 旅の行き帰り、フライトの待ち時間などを利用して立ち寄りたい店です。

出典: 十勝名物豚丼・ドライブインいとう【秘伝のたれ豚丼名人、からまる味な名人】

十勝豚丼 いっぴん

ジンギスカンのタレで有名な「ソラチ」が経営する人気の豚丼店「いっぴん」。備長炭で香ばしく焼き上げられた豚の風味と低温熟成で作ったお店自慢のタレとのマッチングが絶妙で、丼からあふれんばかりのボリュームでもあっという間に完食してしまいます。帯広の本店だけでなく札幌の手稲や平岡に出店。札幌駅のステラプレイス6階にもお店があるので、列車の待ち時間や札幌観光の合間に立ち寄ることもできますよ。

出典: 十勝豚丼 いっぴん

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項