リンパが腫れる原因……多くは風邪や虫歯、歯周病などの炎症

よくあるしこりはリンパ節の腫れ・癌の確率は高くはない。

風邪などでノドの粘膜が腫れている時には首筋のリンパ節が腫れますし、虫歯や歯周病で口の中に炎症があるときには顎の下のリンパ節が腫れることがあります。また、足に怪我や炎症があるときには足の付け根のリンパ節が腫れることがあります。

リンク: 癌との見分け方は?首筋・股関節・わきの下のしこり [癌(がん)] All About

もしかして悪性腫瘍?と心配になるかもしれませんが、実際には風邪、虫歯、怪我などが原因の腫れが多いようです。

よくあるリンパの腫れに伴う症状

感染したリンパ節は腫れ、通常は圧痛と痛みを伴います。場合によっては、感染したリンパ節周辺の皮膚が赤くなり熱を帯びます。発熱することもあります。ときには膿瘍(膿がたまったポケット状のくぼみ)が生じることもあります。

リンク: リンパ節炎 - 17. 皮膚の病気 - MSDマニュアル家庭版

腫れ、痛みがないリンパの腫れは危険?

痛み、圧痛、発赤を伴わないリンパ節の腫れは、リンパ腫、結核、ホジキンリンパ腫などの別の重症疾患の現れである場合もあります。そのようなリンパ節があれば、診察を受ける必要があります。

リンク: リンパ節炎 - 17. 皮膚の病気 - MSDマニュアル家庭版

「リンパの腫れ」で一番不安になるのは「癌のしこりではないか?」ということでしょう。
念のため最後に悪性リンパ腫の特徴についても引用します。

気になる癌の可能性は? 悪性リンパ腫の特徴

悪性リンパ腫の主な症状は以下の通りです。
発熱……37℃前後の微熱が続く
全身倦怠感……なんとなく体がだるい。疲れがとれない
貧血……立ちくらみやふらつきが見られる。血液検査で指摘される
体重減少……ダイエットをしているわけでもないのに、半年で5kg、もしくは5%以上体重が減る
著しい寝汗…寝間着を着替える必要があるような寝汗が続く
皮膚の下のしこり…皮膚の下に弾性のあるできものができる

リンク: 悪性リンパ腫の原因・症状 [癌(がん)] All About

発熱、全身倦怠感、貧血、体重減少など、気になる症状がある場合には、自己判断で放置しない方がよさそうです。

リンパの腫れは何科を受診すればいい?

気になる症状があったら、まずは近くの内科を受診しましょう。
悪性リンパ腫が疑われ、専門的な検査や治療を受ける必要があると判断されたら、大きな病院の「血液内科」「血液腫瘍内科」を受診してください。

リンク: 悪性リンパ腫の原因・症状 [癌(がん)] All About

リンパの腫れは、腫れの箇所や症状によって、耳鼻咽喉科、婦人科等、さまざまな診療科が考えられます。まずは内科を受診した上で、さらに細かい検査が必要な場合は専門の診療科で診てもらうのがよさそうです。