“代わり映えする”桜の撮影5つのコツ

パッとしない写真を変えるには、「絞り」と「広角・望遠」を意識しよう

ただただ漫然と撮ってしまうと、どれも変わり映えしない写真ばかりになってしまいます。ステップアップした一枚を撮るためには、「絞り」で背景をぼかし、「広角・望遠」でダイナミック&ドラマティックな写真を意識しましょう。

出典: 桜の簡単「ステップアップ」撮影術 [写真撮影] All About

桜のピンク色をキレイに撮るには、「露出」のコントロールが大事

桜が開花するとその美しさに多くの人が写真に撮ります。でも、なかなか見たままの花の色は写すのは難しいのです。コツは「露出」のコントロール。全てオートで済ましておかないのがポイントです。

出典: 5/5 桜のピンク色をきれいに撮るには [写真撮影] All About

人物の撮影は背景とのバランスをいつもより意識して

お花見の場面。人物だけを撮ってしまうと、ただの飲み会写真になってしまいます。せっかくの桜を活かすためにも、縦の構図で高さある桜の木を入れてみたり、ボヤケた背景でもピンクの色が分かるようにしたり…いつもより背景のバランスを意識してみましょう。

出典: 3/5 お花見を3倍楽しくする撮影ポイント [写真撮影] All About

桜は咲いても散ってもシャッターチャンス

桜は咲き始める前から散り終るまでシャッターチャンスが満載!花が舞っている場面や、地面や水面に落ちた花びらにも、他の写真とは一味違った趣きがあります。

出典: 5/5 桜は咲いても散ってもシャッターチャンス [写真撮影] All About

自分なりのテーマを持ってみる

自分らしい一枚を撮るポイントの最も大きいポイントは、自分の直感に従って撮る、ということに尽きます。誰になんと言われようとこのシーンが撮りたい、こういった桜の表情が好き、そんな直感を感じたら迷わずレンズを向けてみましょう。桜ではなく、それに群がるミツバチに何かを感じてしまった…といった直感でも良いのです。

出典: 自分らしい桜の写真を撮る方法 [写真撮影] All About

撮影した後の加工も大事!

写真編集やイラスト加工などの方法を解説

Photoshopなどの本格的なソフトから、スマホのアプリまで…“CG・画像加工ソフト選び”に役立つ情報をはじめ、画像編集テクニックまでをカバーしています。

出典: [CG・画像加工] All About|写真編集やイラスト加工などの方法を解説

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項