「この世界で安心して生きられる」という感覚を親から得る

「泣いたら抱っこ」が心の成長にとても大切な訳

周囲の人や世の中、そして自分自身を信じることのできる「基本的信頼感」。これは赤ちゃん時代に、主たる養育者との間で築かれた信頼関係がベースになっています。この基本的信頼感を築くために、親ができることとは?

出典: 「泣いたら抱っこ」が心の成長にとても大切な訳 [ストレス] All About

「三歳児神話」より大切な3歳までの「心育て」

「三歳児神話」は根拠に乏しいと言われているものの、3歳までは子どもの「心育て」にとても大切な時期。この時期に発達する子どもの心と、「心育て」に求められる親のかかわり方はどのようなものでしょうか。

出典: 「三歳児神話」より大切な3歳までの「心育て」 [ストレス] All About

悪口は「不信感」を募らせ、グチは「発想力」を貧弱にする

注意!親のグチ・悪口が子どもに与えるこわい影響

知らず知らずのうちに、子どもにグチや悪口を聞かせていませんか? 何気なくつぶやいているつもりでも、子どもは親の言葉や態度から、多くのことを学んでしまいます。自分の感情と上手に付き合える子に育てるために、親ができることとは?

出典: 注意!親のグチ・悪口が子どもに与えるこわい影響 [ストレス] All About

母による依存が、娘の人生を息苦しいものにしてしまう

“さびしい母”が娘を縛る「5つの呪文」

よかれと思って母が娘にかける言葉。その言葉が「呪文」となって娘を苦しめ、娘の人生を狂わせているかもしれません。母と娘が自立した母娘関係を築き、細く長く良い関係を続けていくために必要なことを解説しています。

出典: “さびしい母”が娘を縛る「5つの呪文」 [ストレス] All About

親がヒートアップし過ぎた「受験」は、子どもを燃え尽きさせる

中学受験、「親」がハマりやすい危険な心理

中学受験は「親子の試練」と言われるように、親と子がタグを組んで挑むもの。ところが、親の欲望とあせりが先に立ち、子どもの心を置き去りにして扇動しているケースも少なくありません。そんな中学受験で親が陥りやすい心理を、3種類の言葉から振り返ってみましょう。

出典: 中学受験、「親」がハマりやすい危険な心理 [ストレス] All About

悪い影響から卒業したいときは

「こうなったのは親のせいかもしれない」と原因に気づき、自分の軌跡を振り返ることは大事です。しかし、原因ばかりを深く堀り続けたところで、残念ながらそこから「生きやすさ」につながるヒントを得られることは少ないものです。

大切なのは、今、ここから自分なりにできることをやり、親の影響からの卒業を目指すことです。

リンク: 今の私が生きにくいのは親のせいですか? [ストレス] All About

「毒親」をバッシングしても自分が癒やされるわけではない

子どもを支配し、自由を奪う母――。そんな「毒母」へのバッシングが最近のブームになっています。しかし、人はなぜこれほどまでに「悪い母」を謗り、激しく嫌悪するのでしょう。人間が共通して「母親」に対して抱くイメージについて、考えてみましょう。

出典: 本当は怖い!「毒母ブーム」の裏にあるもの [ストレス] All About

今の私が生きにくいのは親のせいですか?

「世の中も他人も、自分自身も信じられない」------そんな思いを抱えて生きにくさを感じていませんか? そうした思いは、どこからやってくるのでしょう。生きにくさを感じている人は、まずどんなことから自分を変えていけばいいのでしょう?

出典: 今の私が生きにくいのは親のせいですか? [ストレス] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項