1. 読書

読書でいろんな人物の生き方を疑似体験してみる

読書は、宝探しに似ていると思いませんか? 書評や口コミで“読んだ気になる”のと、実際に買って読んでみるのとでは全く異なります。五感を刺激するような疑似体験や、「コレぞ!」という心に突き刺さるワンフレーズの発見ができれば、宝探しは大成功です。

出典: 本を読まない人の末路 [資産運用] All About

2. 依存し合わない恋愛

一流の男性は仕事と恋愛を絶妙に両立する!

一流のビジネスマンの多くの男性は、仕事をしながらも、恋人との時間も上手にやりくりできるそうです。さらに恋愛での経験をビジネスに生かし、ビジネスの経験を恋愛に生かすという高度な合わせ技を持っている模様。そのテクニックを垣間見てみましょう。

出典: なぜ一流の男性は恋愛上手なのか!? [坂井敏昭の恋愛コラム] All About

3. 健康法

体調管理をしているうちに健康法が趣味になる!?

金持ち体質の人は、「健康は最大の資本」と考え、様々な健康法を試す人が多いそうです。中には、「ちょっと試してみた」のが習慣となり、趣味となり……という人も。

出典: 金持ち体質の人の健康法とは? [ニューリッチへの道] All About

4. 古い友人との時間

リッチな人は旧友との縁を末永く大事にする

「人間関係もワインと一緒。やっぱりそれなりに時間と歴史を経ることで味が出てくる」経営コンサルタントの和仁さんは語ります。リッチな人、お金が寄ってくる人の人間関係の特徴として、「細くても長い関係を築ける」ことがまずあげられます。

出典: お金持ちの人間関係は投資 [お金持ちになれる財布と習慣] All About

5. 風水

配偶者にはビジネスで見せていない「陰の自分」が投影される!?

マダム・ホーさんいわく、中国の富裕層が取り入れているのが“風水”。日本では、占いやおまじないなどと一括りにされがちですが、中国数千年の歴史のなかで実践されてきた由緒ある“環境学”。華僑が、ビジネスパートナーとなる人の奥さんをチェックする驚きの理由が明らかに。

出典: なぜ華僑のお金持ちは、風水を重視するのか? [お金が貯まる人になる連載] All About

6. 慈善活動

欧米富裕層が大切にする「フィランソロピー」とは?

“フィランソロピスト”という言葉をご存知ですか? 欧米の富裕層は、ビジネスとは異なったフィールドで慈善活動を通じて社会貢献をするのが一般的。他の人に良い影響を与えれば与えるほど、自分のところに返ってくるものが大きいと考えている人も多いそう。

出典: 欧米富裕層のような「フィランソロピスト」がなぜ日本で生まれにくいのか?【前編】 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

7. ゴルフ

英国貴族発!リッチなジェントルマンが行くのはココ

リッチにゆったり過ごせる英国リゾートの定番は、郊外のゴージャスなカントリー・ハウス。 広々としたゴルフ場は、自然がいっぱい。ここで過ごしてきた王侯貴族たちの生活に思いをはせてみるのもいいかもしれません。

出典: 英国貴族の館で過ごす、贅沢リゾート [ロンドン] All About