1. 意外!? 一番お金がかかる「給湯費」をカット

冷暖房やドライヤーよりもエネルギーを消費

生活していく上で一番エネルギーを消費するのは、暖房でも照明でもなく、意外にも「給湯費」なんです! なんと水とお湯のコスト差は3倍という結果も出ています。日常生活ですぐに取り入れられる給湯コストの削減方法をご紹介します。

出典: 光熱費節約で最も気をつけるべきこと [節約] All About

2. 花粉の季節の「部屋干し」は省エネも意識!

扇風機を使えば、節電しながらスッキリ乾く

花粉や黄砂が舞う季節は、洗濯物の外干しを控える家庭が増えます。でも、気になるのが部屋干しのニオイ。とはいえ、洗濯機の乾燥機や浴室乾燥機を使用すると、電気代がスゴいことに……。そこで活躍するのが電気代が安い扇風機なんです! 

出典: 省エネで部屋干し洗濯物を早く乾かす方法 [節約] All About

3. やっぱりテッパン!LED電球の効果

LEDは寿命が長く、電気料金も安い

オフィスや公共の施設の照明がどんどんLEDに切り替えられていますが、皆さんのご家庭ではいかがでしょうか? 節電になるとわかっていても、高めの価格ゆえについ安い従来の電球に手を伸ばしがち。頻繁に使う部分だけ切り替えてみるのも効果的だそうです。

出典: LEDは電気料金削減に効果あり [ニューリッチへの道] All About

4. ちりも積もれば大金に!待機電力にメスを入れる

一度家の中を見回してみると、「待機電力の原因」が見えてくる

電化製品には、待機電力がかかやすいものと、かかりにくいものがあります。また、DVDレコーダーやパソコンのように、コンセントを抜くとかえって手間のかかる機器もあります。そこで、賢く待機電力をカットする方法をお届けします!

出典: 節電効果はどの位?待機電力の電気代 [節約] All About

5. 冷蔵庫の電気代は使い方次第でどんどん安く

冷蔵庫内をスッキリ整理すれば消費電力も大幅ダウン

冷蔵庫が常に「満タン収納状態」という方は要注意です。実は、家庭の電力約15%を冷蔵庫が消費しています。24時間365日動き続ける冷蔵庫こそ、上手に使う必要があります。食材を腐らせず、電気代も抑える収納方法にトライしてみましょう。

出典: 今すぐできる冷蔵庫の節電収納 [収納] All About

6. 断熱シートに湯たんぽ…使えるものはとことん使う!

ぬくぬく幸せ気分で暖房費を減らす方法

エアコン、ストーブ、ガスファンヒーターなど様々な暖房機器がありますが、室内の環境によってどれがベストかは異なります。生活のスタイルに合わせて使い分けましょう。サーキュレーターを併用する、窓に断熱シートを貼る、室内でダウンベストを着る、湯たんぽを使う……まだまだ朝晩が冷える時期、これらのあわせ技で乗り切りましょう!

出典: 暖房費を節約するための鉄則&簡単テクニック [節約] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項