5位

残念な体の動かし方・歩き方をしている

「毎日、わりと体を動かしている方だから、腰は疲れないはずなのに……」と腰や背中の筋肉のコリ感に悩む人が少なくありません。体をどのように動かしていますか? もしかすると、疲労回復に効果の出にくい動かし方をしているのかもしれません!

出典: 歩き方を変えるだけで腰痛・背中の痛み予防! [腰痛] All About

4位

食欲が止まらない!運動意欲が低下……脂肪がついている

「日々のストレス解消に!」と思う存分、食べて飲んでを繰り返すこともあるかと思います。しかし、その時は気分がスッキリするかもしれませんが、脂肪がたくさんついてしまうと、腰にも悪影響を及ぼす場合があるのです。

出典: 要注意!暴飲暴食で腰に負担? [腰痛] All About

3位

デスクワークは疲労しやすい!? 日々長時間座り続けている

長時間座り続ける、ということが頻繁に繰り返される生活を送っている人がいます。デスクワークや車の運転、毎晩のリラックスタイムとしてのDVD鑑賞、趣味の手芸へ没頭しているとき……集中してしまうと、じっと座り続けていることになり、腰への負担が増してしまうケースが多々あるのです。

出典: 座りっぱなしは危険?!座り姿勢の腰痛防止エクササイズ [腰痛] All About

2位

気が付くとスマホをいじっている

とても便利なスマホは、従来の携帯電話に比べて多機能である、ということもあり、ついつい操作時間が長引きがちに。その結果、じわりじわりと腰のコンディションを崩す体に変化しつつあるかもしれません。

出典: 腰痛にも注意! スマホ症候群 [腰痛] All About

1位

腰痛を招く くつろぎ姿勢をとっている

腰の負担を避けるためには、楽に感じる姿勢で座って、のんびり過ごすことが良い、と思われがちですが、ここが落とし穴です。かえって腰に負担がかかり、姿勢までもが慢性的に悪くなってしまう可能性があるのです。

出典: ラクな姿勢でも腰には負担?腰痛を招くくつろぎ姿勢 [腰痛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項