鶏肉は保菌率50%!? 生肉が原因の食中毒4つ

生の肉には、食中毒の原因となる様々なものが含まれています。食中毒の知識なしに生肉を食べるのは大変危険です。

リンク: 保菌率50%も!? 生肉が原因の食中毒4つ [食と健康] All About


1.カンピロバクター
2.サルモネラ
3.腸管出血性大腸菌(O-157、0-111など)
4.寄生虫

リンク: 保菌率50%も!? 生肉が原因の食中毒4つ [食と健康] All About

生肉が原因の食中毒の感染経路・特徴・症状・予防法

2011年にあった某焼き肉チェーン店の問題などで近年騒がれている食中毒。生の肉には、細菌や寄生虫感染、肝炎などのリスクがあります。いずれも十分に過熱することで予防が可能です。

出典: 保菌率50%も!? 生肉が原因の食中毒4つ [食と健康] All About

レバーの生食はどんな工夫を加えてもハイリスク…

顕微鏡を使って観察すると、動物の肝臓の門脈系には細菌を発見することができます。細菌が肝臓に集まりやすい例として、食中毒を起こすビブリオ菌の一種が、肝臓病、肝硬変の人に強い病原性を示し、命を奪うこともあることも挙げられます。

リンク: 2/2 「それでも生肉が食べたい!」…知っておくべき自衛策 [医療情報・ニュース] All About

肝臓は食中毒菌を含め、細菌の集まりやすい臓器

レバ刺しなどでお馴染みの肝臓の生食。しかし、肝臓には脂肪以外の多くの栄養素が運ばれるため、細菌が集まりやすい臓器になっています。

出典: 2/2 「それでも生肉が食べたい!」…知っておくべき自衛策 [医療情報・ニュース] All About

人気が高まっている「ジビエ」は特に生食厳禁!

近年、E型肝炎が増加してきている背景には、「ジビエ」として人気が高まっている野生のシカやイノシシなどの肉の生食を食べることが増えてきたことが考えられます。また、禁止された牛レバーの代わりに豚レバーの生食を提供する店が増えたのも原因の一つでしょう。

リンク: ジビエの生食は危険!E型肝炎の感染急増の理由 [肝臓・すい臓・胆のうの病気] All About

E型肝炎に対してのワクチンはありません。E型肝炎に感染した場合、すべての人が肝炎を発症するわけではありませんが、発症した場合は黄疸や食欲不振、発熱などの症状をきたします。E型肝炎の治療は状況に応じた対症療法しかなく、劇症化し集中治療室での高度医療が必要になることもあります。

リンク: ジビエの生食は危険!E型肝炎の感染急増の理由 [肝臓・すい臓・胆のうの病気] All About

E型肝炎が増加してきた理由とは……

E型肝炎ウイルスは、熱帯および亜熱帯の発展途上国で流行がみられ、衛生状態の悪い国の感染症と考えられていました。しかし最近では、日本でも肝炎発症の報告数が増えています。

出典: ジビエの生食は危険!E型肝炎の感染急増の理由 [肝臓・すい臓・胆のうの病気] All About

ジビエ(内臓を含む)を、生で、あるいは加熱が十分ではない状態で食べると、E型肝炎や腸管出血性大腸菌症の食中毒、また寄生虫の感染のリスクがあることも報告されています。特に妊婦やこども、高齢者などは、深刻な症状になると見られ、控えるように注意してください。

リンク: 2/2 ジビエを安全に食べるためのガイドライン [食と健康] All About

ジビエを安全に食べるためのガイドライン

ジビエ人気の高まりもあり、2014年11月にようやくジビエの衛生管理のガイドラインが策定されました。安全にジビエを楽しむために、消費者である私たちも理解しておきましょう。

出典: ジビエを安全に食べるためのガイドライン [食と健康] All About