ゲテモノならぬ栄養食、各国の個性あふれる虫グルメ

【日本】蜂の子花九曜煮

日本を代表する昆虫食が、蜂の子(蜂の幼虫)。蜂の子缶詰の老舗、原田商店では、天然のクロスズメバチの巣を信州の山中から探し出し、厳選した蜂の子を醤油と砂糖のみで味付け。昆虫食初心者も思わずほっこりする、レトロなパッケージが可愛らしいですね。

出典: 原田商店のこだわり・蜂の子について|株式会社 原田商店

【ベトナム】おつまみにピッタリ!蚕の幼虫

民族衣装アオザイの素材である、美しい絹を生む蚕の幼虫が、スーパーでも買えるカジュアルな珍味として親しまれています。

出典: 試してみたい!?ベトナムのスーパーにある珍食材Best3 [ホーチミン] All About

【メキシコ】足まで美味しいバッタのスナック

およそ300種類の虫が食べられている、世界きっての昆虫食大国メキシコ。なかでもポピュラーなのが、「チャプリネス」と呼ばれるバッタをまるごと炒め、チレ(トウガラシ)をまぶした、スナック感覚の料理です。クリーミーなワカモレと和えると絶品。

出典: メキシコ先住民食文化、究極の虫料理 [メキシコ] All About

【タイ】イナゴのスパイシー素揚げ

イナゴは日本でも食べられる代表的な虫食材ですが、タイでは、スパイシーな味付けで、素揚げで食されます。酒のツマミにもってこいです。

出典: 大好きなタイ料理から二つ、ご紹介します。 - All About Good Answers

【カンボジア】タランチュラの豪快唐揚げ

カンボジアの地元で大人気のタランチュラの唐揚げは、蟹のような香ばしい味わい。過熱することにより、毒の心配もなくなるそうです。   

出典: 愛され続ける世界の10の昆虫食 : カラパイア

【中国】夏の味、セミのオシャレなオードブル

夏の短い期間しか生きられないセミの成虫は、炒めたり、唐揚げでいただきます。カニやエビのような甲殻類っぽい味だそう。昆虫食のなかでもクセの少ないとされるセミが、中国では夏のおもてなし料理として流行したのだとか……。 

出典: 死ぬまでに食べたい美味な虫10! 昆虫食愛好家・ムシモアゼルが厳選!!|TOCANA

【オーストラリア】イモムシの濃厚ソテー 

オーストラリアの先住民アボリジニの食文化を継承するカフェでは、焼きたての蛾の幼虫=ウィチェッティグラブ料理を食べられます。じっくり焼くほどに、ねっとりと甘い味わいになります。

出典: 栄養補給はイモムシで!? オーストラリア(1) - 世界美食紀行 - 朝日新聞デジタル&w