1.必死になって「約束」を取りつけようとする

会う約束をしようとして相手から「まだわからない」といわれ、「来週は? 来月は?」と必死になるのは、はっきりいって無意味! どうすればいいかは記事をチェック。

出典: 恋愛のタイミングを待てる女・ハズす女 [恋愛] All About

2.周囲にダダ漏れの「自分磨き」は、痛い認定

自分を磨くのはすてきなことですが、それが他人にどう見えているかを気にする冷静さは必要。人に見せるのではなく、陰ながらやる姿勢が身につけば、痛くは見えません。

出典: 3/6 勘違いしていない?恋愛の誤解3連発! [ひかりの恋愛コラム] All About

3.懸命の「自己アピール」は、男性に届かない

出会いの場で、ハイテンションで自己アピール。実はこれ、男性にはまったく響きません。自分を売り込むより○○上手になれば、男性は自然とあなたに惹かれていきます。

出典: メールで!話し方で!恋を盛り上げよう!! [話し方・伝え方] All About

4.「気に入られたい」がいきすぎて自分を失う

意中の彼に気に入られようとするあまり、自分自身を見失う……。これは自分の軸が定まっていない状態で、他人からみても不安定。バランス感覚を取り戻すのが先決です。

出典: なぜ追いかける恋愛はうまくいかないの? [久野浩司の恋愛コラム] All About

5.「モテない理由=年齢」のこじつけは無意味

モテない原因を検証するのはいいけれど、必死になって理由を見つけ出してもそれは言い訳にしかなりません。特に年齢! いくつになってもモテる人を参考にしましょう。

出典: 恋愛市場価値、自分で下げていませんか? [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項