1.生きづらく恋も苦手…「アダルトチルドレン」かも!

アダルトチルドレンという語を知っていますか? 生きづらく恋愛も困難という特徴は、育った家庭に原因が。チェックリストで自分があてはまるか否かを見てみましょう。

出典: 3/3 忘れてる?あなたの恋愛に一番大切なこと [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About

2.不幸な体験から「負のキャラクター」になってしまう

きちんと機能していない家庭環境で育つと、「不幸な自分」がアイデンティティになることがあります。人に好かれるhappyなキャラクターになるには? ガイドが教えます。

出典: 2/3 心の闇は、不幸な恋を引き寄せる! [ひかりの恋愛コラム] All About

3.家族に問題があるなら恋人には「早めに打ち明ける」

家族に問題がある人は、恋人に早めに打ち明けましょう。特に結婚を考えだした場合、相手の家庭環境を気にするのは当然のことです。お互いの信用にも大きく影響します。

出典: 恋人に“隠しごと”はタブー? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

4.両親の影響を受け、無意識に彼の「母親役」を演じる

家庭的で献身的な母と大黒柱の父、という家庭に育った女性は、恋人ができたとき無意識に母親の振る舞いを再現してしまう傾向があります。自分を変えたほうがいいかも!

出典: 「彼氏のママ」にならないための彼女ワザ [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.幸せになる自分が怖い人は一度「専門家」に相談する

幸せになりたい自分に歯止めをかける人。家庭環境が原因で心に傷を負っている場合、容易には治せません。セラピストや精神科、心療内科など専門家の手を借りましょう。

出典: 2/2 恋の「不幸グセ」に要注意! [島田佳奈の恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項