DLNAとは?

DLNAに対応した機器をLANに接続すれば、以下のような楽しみ方ができます。
・リビングのHDDレコーダーに録り貯めた映像を、他の部屋にあるテレビや、タブレット端末で視聴する。
・スマホに入っている音楽を、ワイヤレスでミニコンポから再生する。
・スマホでNASに入っている音楽や動画を探して、指定したテレビで再生させる。

リンク: 5分でよく分かる?DLNAとは? [ホームシアター] All About

5分でよく分かる?DLNAとは?

DLNAが分かれば、ネットワークAVがもっと便利に、そして生活が豊かに! DLNAの基礎知識から具体的な使用例までを網羅。5分であなたもDLNAマスターになれます。

出典: 5分でよく分かる?DLNAとは? [ホームシアター] All About

その前に「LAN」について知りたい方はコチラ

家庭やオフィスで、複数のパソコンや周辺機器をつなぎ、LAN環境を構築すると、複数の人でインターネットやプリンタを共有したり、ファイルのやり取りができるようになります。

出典: LANでできること [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

スマホ・タブレットを「テレビ」として利用できる

DLNA対応レコーダー+再生アプリ=スマホ・タブレットがテレビに変身

寝室でもテレビを見たいけど、テレビはリビングにしかない……なんて悩みは、スマホ・タブレットとレコーダーがあれば簡単に解決しちゃいます。今回はスマホ・タブレットをテレビにしてしまう便利技を紹介するので、新しくテレビを買おうと思っている人は必見ですよ。

出典: スマホ・タブレットがテレビになるレコーダーの裏ワザ [スマホアプリ] All About

【やってみた】無線LAN経由でテレビとテレビを繋いでみた

リビングで録画したテレビ番組を、書斎のテレビで再生してみた

DLNAの機能を活かすと、リビングのテレビで録画した番組を、書斎などの別部屋で試聴することができます。今回試してみた環境は、サーバ側はシャープのテレビ、クライアント側はSonyのテレビで、当然のことながらメーカーは作動を保証していません。さて、どうなるでしょうか。

出典: 無線LANを使い、別部屋のテレビで録画番組を再生する [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

視聴したい映画を選択して[決定]ボタンを押すと、無事に映画が再生された。

しかし……再生されたことは再生されたが、しばらく見ていると動画が止まってしまうことがある。

リンク: 無線LANを使い、別部屋のテレビで録画番組を再生する [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

無線LANで接続し、スムーズに動画を再生するためには

無線LANで電波をTVに飛ばし動画を再生すると、動きが一瞬止まってしまうことがあります。これは、動画のサイズが無線LANの転送能力を超えてしまったからです。こちらの記事では、スムーズに再生されない動画を正常に再生する方法を紹介しています。

出典: 無線LANでDLNAを利用し、スムーズに動画を再生する [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

テレビが無線LANに対応していない場合は

簡単に無線LAN対応にできるアイテムがある

テレビでネットを利用する場合、有線か無線で接続することになりますが、無線の方が、どこでも手軽に接続できて便利。テレビを無線LANに接続できるようにする「WLI-UTX-AG300」を紹介しています

出典: テレビを簡単に無線LAN対応にできる「WLI-UTX-AG300」 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

注意点

現在発売されているDLNA対応機器の殆どは、DTCP-IPという規格に対応し、著作権保護(DRM)が施された、地上/BS/CSデジタル放送のネットワーク再生が可能です。

一方、数年前に発売された機器は、DLNA対応でも、DTCP-IPに非対応の製品があり、この場合、著作権保護されたデジタル放送コンテンツのネットワーク再生はできません。

リンク: 2/2 5分でよく分かる?DLNAとは? [ホームシアター] All About

また、DTCP-IPに対応していても、ブルーレイやDVDなどのディスクメディアは、ネットワーク再生はできないので注意が必要です。

リンク: 2/2 5分でよく分かる?DLNAとは? [ホームシアター] All About