1. 妊娠のリミットと高齢出産のリスクを知る

妊娠する力は33歳を境に下がり始める

芸能人の高齢出産のニュースを見て、「欲しければいつでも授かれる」と考える人もいるかもしれません。しかし、誰にでも「妊娠のリミット」はやってきます。ある時期を境に出産のリスクがグっと上がるのをご存じでしたか?

出典: 本当のところ何歳まで産めるの? [妊娠の基礎知識] All About

2. 妊娠がわかったら、病院選びと出産費用のプランニングを

妊娠リスク度から病院を選ぶ方法

妊娠がわかったら妊娠のリスク度をチェックしてみましょう。結果は「低リスク」「中リスク」「高リスク」の3つ。「中リスク」、「高リスク」との結果が出た場合も、設備の整った病院を選び、初期のうちからリスクと向き合うことで、軽減することができます。

出典: あなたの妊娠リスク度は何点? [妊娠の基礎知識] All About

高齢ママの出産費用は高くつく?

出産費用は、高齢出産だからといって高くなるわけではありません。しかし、帝王切開や切迫早産となり、入院日数が長引くことで、医療費も変わってきます。いろんなケースを想定した上で、出産費用は余裕をもって見積もっておきましょう。

出典: 高齢ママの出産費用とその後のライフプラン [出産・育児費用] All About

3. 高齢出産、実際どんな感じ? イメージしてみよう

40代の妊娠・出産の現実

晩婚化が進み、40代での出産は珍しくなくなりました。高齢出産のリスクは知られてきましたが、30代出産と40代出産の間には、一体どんな差があるのでしょうか。流産の割合や、自然分娩の可否など、気になることを掘り下げてみましょう。

出典: 40代で産んだらどうなるの? [妊娠の基礎知識] All About

4. 将来やってくる「教育費のピーク」に備えておく

高齢出産ファミリーは家計の見直しが不可欠

夫婦が何歳の時に“教育費のピーク”がやってくるのか、そのためにどんなプランを立てればベストなのか、注意すべき点について考えてみましょう。これまで共働き・別財布で比較的自由にやってきた夫婦は、家計管理の方法を少し見直す必要があります。

出典: 晩婚・高齢出産のライフプラン・家計で注意すべきこと [ふたりで学ぶマネー術] All About

人生の3大支出の時期が重なる可能性も

高齢出産の場合、人生の3大支出である、教育費・住宅購入・老後資金が束になって家計に襲い掛かってくるという事態も。そのため、できるだけ早くマネープランニングをする必要があります。老後資金と教育資金をムリなく積み立てていく方法をお伝えします。

出典: 高齢出産者の教育費確保術 [学費・教育費] All About