1.恋人から「重い女」と見なされる

結婚したがっている女性と、その気はない男性。このように女性側が「重い」とみなされるケースでは、結婚観が違うのではなく、ふたりの愛情に温度差がある場合が多い!

出典: 恋人に「重い」と言われたら? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

2.「マンネリ」という試練が訪れる

交際するうちに一方の恋愛感情が落ち着き、温度差が出てくるとマンネリが生じます。これも危険信号ですが、乗り越えると一時的な恋心から継続的な愛情へと変化します。

出典: 2/2 マンネリ恋愛から脱出する方法とは? [久野浩司の恋愛コラム] All About

3.一方的な「束縛」に走ってしまう

温度差を感じ、相手の愛情を確かめるために束縛する人がいます。これは身勝手! 恋人を尊重する気持ちが根本的に欠けています。早く気づかないと破局まっしぐら……。

出典: 束縛は愛じゃない!恋人への執着を手放すには [島田佳奈の恋愛コラム] All About

4.差を埋めようとるすほど「空回り」

温度差をなんとかしたくても空回り。もう一度恋の情熱に火をつけるべく奮闘しても、ギクシャクしたり、すれ違いが大きくなるだけ。対処法をガイドがレクチャーします。

出典: 恋愛エネルギー不足対策! 恋愛力を高める5つの方法 [石田陽子の恋愛コラム] All About

5.「記念日」への温度差が別れを招く

記念日を大事にする人とそうでない人。後者は大きなストレスに感じ、やがて別れの原因に。前者が記念日への執着を捨てないと、温度差は埋まりません。一体どうすれば?

出典: 2/2 記念日好きの恋愛が長続きしない理由 [相沢あいの恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項