1. お金の不安

シングルマザーの貧困率は、深刻です。パートナーのDVや多額の借金などで、準備や心構えのないまま離婚した方は、穏やかな家庭生活を取り戻すためにも、公的なサポート制度について知る必要があります。

ひとり親家庭を支える公的制度を知っておこう

女性は、シングルマザーになった時、「子育てしながら今の収入でやっていけるのか」という不安にかられます。離婚してまず行くべきは、お住まいの市区町村の窓口。児童扶養手当、児童手当の受給や、ひとり親家庭医療費助成制度の申請を。

出典: 離婚時は児童扶養手当、就学援助などの活用を! [公的手当] All About

もらっているのはわずか20%!? 養育費の取り決めはきちんと

母子家庭となる原因の8割は離婚が原因です。養育費はひとり親にとって子どもを育てていくうえで重要な資金。にもかかわらず養育費をもらっている母子家庭の割合はわずか20%です。様々な理由で「養育費の取り決め」をせずに離婚する夫婦が増加しています。

出典: 負けるなひとり親!母子家庭の母の年収220万円 [出産・育児費用] All About

2. 仕事の不安

シングルマザーが仕事探しをする時には「ちゃんとした職につけるか」という不安を、いざ仕事に就いても「働き続けられるか」という不安があるはずです。子育てをしながら安定的に収入を得るには、押さえておくべきポイントがあります。

シングルマザーの職探しを成功させるポイントとは

子供との生活を支えるためには、安定した職が必要です。毎月必要な給与額を計算し、子どもの預け先を確保した上で、どう働いていくのかを具体的にイメージすることが大切。子育てしながらイキイキと働くための情報をお届けします。

出典: シングルマザーの転職準備 [女性の転職] All About

シングルマザーは必見! 将来につながる職種

「手に職」持っていますか? 子供との生活を大切に守りながら働き続けていくためにも、今だけでなく将来を考えた仕事選びをすることが大切です。仕事を長いスパンで考えることで、覚悟とやる気をもっているシングルマザーとしてアピールしましょう。

出典: シングルマザーの転職 仕事選びのポイント [女性の転職] All About

求職中ママの強い味方!ハローワークの上手な活用法

ハローワークには、女性向けのサービスも色々あるのをご存じでしたか? 特に「マザーズハローワーク」には、専任カウンセラーもおり、職探しの不安を相談することができます。ハローワークの求人の中には、シングルマザーを優先して採用する会社もあります。

出典: 女性の再就職 ハローワークを上手に活用しよう [女性の転職] All About

3. 育児の不安

家計を支えるために仕事に全力で打ち込みながら、子どもの心のケアや学習面のサポートもするシングルマザー。「もっと時間があったら」と悩む方が多いようです。子どもとのコミュニケーションの取り方など、解決法を探していきましょう。

働くシングルマザーが子育てで心がけるべきこと

シングルマザーの多くは、仕事が忙しいために、子どもに向き合う時間が減ってしまうというジレンマを抱えています。時には子どもを主役にした休日を過ごしたり、他の家族やママ友との交流を深めたりすることも大切です。

出典: ひとり親家庭、仕事と子育ての両立は可能? [離婚] All About

父親役も担うシングルマザーに必要なのは“打たれ強さ”

シングルマザーは、父親と母親の2つの役割を担っていくことになります。そのためには、まず世間の声はある程度受け流す“打たれ強さ”が必要です。子どもとの理想的な時間の過ごし方をお届けします。

出典: シングルマザーが上手に子供を育てるコツ | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

「自分は見守られている」という安心感を子どもに与える

とにかく忙しく、子どもとのコミュニケーションが不足しているのでは、と心配しているシングルマザーは多いのではないでしょうか。子どもにとってはママから「見守られている」という安心感が必要です。短い時間でも、積極的に愛情表現をし、濃密な時間を。

出典: ひとり親家庭親子のコミュニケーション術 [離婚] All About