1.おごりたくなくてゴネる姿は「格好悪い」

格好つけているのに、ラブホテルの支払いでモタモタと払いたくないそぶりをみせる男性。おごってくれないことではなく、その格好悪い人間性に辟易することになります。

出典: 2/3 リアル告白!みんなのトホホな婚活体験談 [婚活・お見合い] All About

2.お金がなくてひがむ男は「愛情」もケチる

金銭的なケチより厄介なのが、精神的なケチ。女性のほうが収入が多いと卑屈になったり、100円単位の割り勘に必死になったり……。こんな男性は愛情もケチる可能性大!

出典: 2/2 恋するよりも“結婚できる年下男”を探せ! [恋愛] All About

3.「融通」がきかず、ルールに縛られやすい

ケチな人はえてして「細かいことにうるさい」「融通が利かない」という性格もあわせ持っているもの。ルールに縛られがちなので一緒にいてもリラックスできません……。

出典: 「ケチ」?「気前いい」? 隠された注意点 [メンタルヘルス] All About

4.金銭感覚の違いから「結婚生活」が困難に

「節約とケチ」「ぜいたくと浪費」の線引きは難しいですが、ケチすぎる人とは価値観のすり合せができず、生活をともにするのが困難になります。同棲して見極めるのが◎。

出典: 2/3 価値ある同棲、無駄打ちの同棲の分かれ道 [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

5.結婚後、ケチに豹変。離婚の危機が高まる

恋人時代はそうでもなかったのに、結婚後、または子どもが生まれてからケチになる男性がいます。それが原因で離婚する夫婦も。結婚前にその予兆がないか観察しましょう。

出典: 夫がケチでストレス増大〜どうすればよい? [離婚] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項