スポーツによく用いられる「アクティブレスト」

運動を行うと使われた筋肉には負荷がかかり、疲労物質がたまったり、筋線維に細かなキズがついたりといったことが起こります。かなり激しい運動を行ったときはそれが筋肉痛として現れるようになります

リンク: トレーナー直伝!運動後に行うセルフケア [運動と健康] All About

スポーツ現場ではすでに多くのところで取り入れられている「アクティブレスト」。日本語では積極的休養と呼び、疲れたときにあえて体を適度に動かして血流を良くし、疲労回復を早める考え方です。

リンク: 「疲れたときこそ休むより運動」が疲労回復のコツ [運動と健康] All About

「体を動かさない疲れ」にも、アクティブレストが必要?

仕事で同じ姿勢を長く続けていたり、接客などで長時間立ちっぱなしの状態が続いたりすると、血液循環が悪くなります。すると体のだるさや疲労感を感じ、筋肉が硬くなることによる肩こりや腰痛、冷え性、筋緊張性の頭痛などさまざまな症状も起こります。

リンク: 「疲れたときこそ休むより運動」が疲労回復のコツ [運動と健康] All About

「疲れたときこそ休むより運動」で、血流をよくした方が良い

仕事や家事で日々忙しく過ごしていると、日頃の疲れがどんどん蓄積……。だからといってダラダラ休んでしまうと、血流が滞り、体のだるさや肩こり、冷え性などの症状が、疲れに追い打ちをかけてきます。疲れたときこそ運動!をぜひ実践してみましょう。

出典: 「疲れたときこそ休むより運動」が疲労回復のコツ [運動と健康] All About

疲労回復に向いている運動は?

会話ができるぐらいの運動強度「有酸素運動」

体を動かしたほうが良いとはいえ、運動強度の強いものを行ってしまうと逆効果。隣の人と会話ができるぐらいの適度な運動で、心地良い程度にできる「有酸素運動」を取り入れてみましょう。

出典: 本当に知ってる?有酸素運動の基本 [運動と健康] All About

入浴後にストレッチを行いましょう。湯船につかって入浴することで身体を外から温め、血行が良い状態を保つことができます。この状態でストレッチを行うと筋肉の柔軟性を改善させるだけでなく、疲労物質等をすみやかに分解することにつながります。

リンク: トレーナー直伝!運動後に行うセルフケア [運動と健康] All About

体を動かした後、お風呂に入ってからストレッチを行うことで、血流の良い状態を保つことができるようです。

運動には、もっとたくさんのメリットがある

あなたが運動を始めるべき5つの理由

やろう、やろう」と思いながら運動をしていない人にとっても、運動は健康的な毎日を過ごすための必須項目。生活の質を高めるためにも必要不可欠なものなのです。疲労回復以外のメリットにも目を通し、自分を奮い立たせましょう!

出典: あなたが運動を始めるべき5つの理由 [運動と健康] All About