謝罪方法から態度の改善まで、知っておきたいミス挽回策

【謝罪の基本】上手な謝り方とは

誰にだってミスはつきもの。しかし、場当たり的な謝り方では反省の気持ちが伝わらないこともあります。NG例や謝罪のタイプについて、ポイントをおさえておきましょう。

出典: 思わず許す! 上手な謝り方と謝罪の基本 [話し方・伝え方] All About

ミスをした後や注意された後の話し方講座

ミスを指摘された後や言動を注意された後は、気まずくなってしまってどう対応すべきか悩んでしまうことがあります。信頼回復のための話し方と反省を伝えるためのポイントを押さえておきましょう。

出典: ミスをした後、注意された後の話し方 [話し方・伝え方] All About

これで許してもらえるはず! お詫びメールの書き方

謝るときは相手に会って直接気持ちを伝えるのがマナー。ただ、「小さなミスであれば」メールでお詫びすることも。メールで謝罪するときのポイントや文例、フレーズを紹介します。

出典: 許してもらえる! お詫びメールの書き方 [ビジネス文書] All About

失敗した時、やっていはいけないNG態度とは

やってしまったミスを後悔しても始まりません。前向きに捉え、同じミスや失敗を繰り返さないよう、対処方法について学びましょう。

出典: 失敗したときのNG態度 [ビジネスマナー] All About

【取扱い注意】上手な言い訳とは

ミスをしてしまったら、言い訳したくなるのが人情。「嘘も方便」とはいいますが、上手な言い訳でその場を乗り切れることも!? ただし、あくまで自己責任。取り扱い注意の「上手な言い訳」集を紹介します。

出典: 取扱い注意!上手い言い訳の裏ワザ集 [話し方・伝え方] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項