完璧主義を受け入れて、完璧主義をやめよう

「デキる男は、彼女も持ち物もすべて“一流品”を」
「仕事も家庭も、すべてを理想を手に入れたカリスマ主婦に学ぶ」
こうした「カンペキな成功」「カンペキな幸せ」の記事にグッとくることが多くありませんか?

リンク: 完璧主義を脱皮した人ほど、オトナになれる [ストレス] All About

完璧主義を脱皮した人ほど、オトナになれる

「完璧にこなせてこそ、デキるオトナ」と勘違いしていませんか?しかし、その有能さが発揮されるのは、あくまでも短期的な局面です。それでは、息が長く、最終的にチャンスを活かすことが出来る人とはどんな人でしょうか?

出典: 完璧主義を脱皮した人ほど、オトナになれる [ストレス] All About

他にいくつもの「大切なこと」がある

心身ともに疲弊して、やる気が起こらなくなってしまうことがあります。これが続いた状態を「燃えつき症候群」(バーンアウト)といいます。バーンアウトは、いつも緊張を強いられ、頑張ってもその結果が得られにくい、努力が認められにくい環境にある人に、よく見られます。

リンク: 頑張る人が抱える「バーンアウト」のリスク [ストレス] All About

1つのことだけにのめり込み過ぎない

仕事に勉強、趣味に家庭にと……色々なことに頑張っている人がいます。しかし、頑張りすぎると、心のエネルギーが燃えつき、「バーンアウト(燃え尽き症候群)」を起こすリスクも高くなります。

出典: 頑張る人が抱える「バーンアウト」のリスク [ストレス] All About

「責任感が強くて真面目」という評価が、自分を守ってくれるわけじゃない

「最後まで完璧にやり遂げなければならない」と思いこみ、他人の力を借りて負担を減らしたり、適当に手を抜いたりすることができない性格の人がいます。こうした性格を「執着性性格」といいます。

リンク: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ?

何かを頼まれたとき、断れずにたくさん引き受けすぎてしまうクセがありませんか? 責任感が強くて真面目、という表面的な評価が、本当の自分を守ってくれるわけではありません。

出典: 断れずについ頑張りすぎてしまうのはなぜ? [ストレス] All About

自分も許して、相手も許す

「私もあなたもOK」と考える人は、社会の捉え方もストレスフリーです。社会に生きる人は、一人ひとりに違う個性があり、「協力」して生きていくところだと捉えているからです。

リンク: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

「Not OK」の立場に立つ人は、競争社会で勝ち続けていなければ、安心できません。学校でも仕事でも成功し、周囲から一目置かれ、「カッコいい私」になる。そうでない自分なんて「Not OK」だし、そのレベルに達しない友だちやパートナーも「Not OK」。このように、「Not OK」の発想をする人は、常に競争を気にして生きなければならず、しかも、負けたときに心が折れてしまうのです。

リンク: 3/3 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

競争社会に必要なのは「私もあなたもOK」の発想

「あいつはダメ」「あの人はすごいけど、自分はダメ」。競争社会の世の中を生き抜くために最も必要なのは、闘争心ではありません。実は、「私もあなたもOK」という発想なのです。

出典: 競争社会のストレスに勝つ!「私もあなたもOK」発想 [ストレス] All About

できて当たり前、なぜ当たり前?

「100点だからえらい」「70点だからダメ」――このように点数だけで評価していると、子どもの心には「結果を出さなければ」という焦燥感が生じてしまいます。

リンク: 優等生タイプほど劣等感が強いのはなぜ? [ストレス] All About

自分自身で「自分の良さ」を発見する

成績トップの優等生からでさえ、なぜか「私なんて」「しょせん」といった劣等感めいた言葉を聞くことは、意外に多いものです。「できて当たり前なのにできない自分」ではなく、常に向上を目指している自分を認めてあげましょう。

出典: 優等生タイプほど劣等感が強いのはなぜ? [ストレス] All About

頑張らない人が出てきてしまうのは“自然現象”

人は、集団の中にいると、「私1人が、ちょっとくらいサボったって分からないだろう」という気持ちが起こりやすくなります。このように、集団の中にいることで個人の努力や働きが減少することを「社会的手抜き」と言います。

リンク: 「みんなのために頑張る人」が損をしないためには? [ストレス] All About

「みんなのために頑張る人」が損をしないためには?

職場や学校、サークル、そして家庭――人が数人集まれば、「社会的手抜き」が起こりやすくなります。「みんなのために頑張る人」が燃えつきず、グループを活気のある関係にするためのヒントを紹介しています。

出典: 「みんなのために頑張る人」が損をしないためには? [ストレス] All About

心のよろいを脱ぐための「安全基地」を持とう

「こころの安全基地」を持つ人がストレスに強いわけ

ストレスあふれる現代に必要なものは、傷ついた心を癒し、明日に一歩踏み出す力を与えてくれる「こころの安全基地」です。「情けない自分」、「ダメな自分」の一面を持っていても、受け入れてくれる空間が重要なのです。

出典: 「こころの安全基地」を持つ人がストレスに強いわけ [ストレス] All About