プロ彼女って?

諸説あるようだが、容姿も性格も完璧な女性

「メールの返信がなくても、1ヶ月以上会話がなくても、不満を言わない」イマドキ女子には無理難題とも思える条件さえクリアできるのが“プロ彼女”。あなたは耐えられますか?

出典: 西島秀俊が突きつけた「厳し過ぎる結婚の7条件」で結婚生活はうまくいくのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

プロ彼女への道

1.尽くし方を間違えないで

ストイックな彼の食事メニューに気をつかうなど、献身的に尽くしている西島秀俊さんの結婚相手。ただ、尽くし方を間違えると、ただの都合のよい女で終わってしまいます。

出典: 「都合の良い女」と「心を掴む女」の違いって? [ひかりの恋愛コラム] All About

2.料理上手で家庭的な女であれ

「料理が上手→家庭的な女性→いい奥さんになりそう」というイメージを抱く男性は多いようです。まずは胃袋を掴むのは基本中の基本ですね。

出典: 2/4 美人を売り物にしないモテ女からテクを学ぶ [久野浩司の恋愛コラム] All About

3.口の固さと強い精神力を持て

交際相手のステイタスをSNSなどでひけらかす女性はアウト! さらには、常に自分の気持ちよりも相手の気持ちを考慮して行動に移せるような、強い精神力を持つ必要がありそうです。

出典: 西島秀俊の結婚に思う。「プロ彼女」になるなら、秘密保持力と強靭な精神力を鍛えよ! | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

4.会えなくても大丈夫

西島さんのようにステイタスを持つ男性は忙しく、会えない時間が多いもの。そんなときでも不安にならず、会えない時間さえも楽しんでくれる女性なら好感度アップ!

出典: 会えない時間に愛を育てる方法 [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.浮気も許すふか〜い懐を持って

カップルや夫婦にとって最大の危機、浮気。「たった一度の浮気でも許せない!」という気持ちもわかりますが、浮気を乗り越え、それを糧にさらに愛を深めることもあります。

出典: 浮気で絆を深めるカップルの秘密 [恋愛] All About

6.結婚は「迫る」のではなく、タイミングを待つ!

自分や相手が年齢を重ね、交際年数が長くなるにつれて、つい焦りから結婚を迫る女性もいます。しかし、焦りを感じ取られると相手は逃げ出したくなることも。男性が結婚したくなるタイミングとはどのようなときなのでしょうか。

出典: 男性が結婚したくなる人生5つのタイミング [坂井敏昭の恋愛コラム] All About

7.相手の親も上手に取り込んで

結婚となると、相手の家族とも上手に付き合っていけるかどうかは重要なポイント。彼の母である姑を味方に付けることができたなら、これ以上心強い味方はいません。

出典: 海老名家の猛獣使い!? 国分早智子さんに学ぶ、嫌われた姑に愛される方法 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)