1. やっぱり気になる!お隣さんの貯蓄額

「平均貯蓄額」にはカラクリがある

ニュースで報じられる“平均貯蓄額”を見て、「こんな額、自分にはムリ!」と落胆するのはナンセンス。貯蓄ゼロから数億円まで幅があるものを平均値で語ろうとすると、実感とは差がでて当然です。平均貯蓄額の「なるほど!」な読み解き方をお届けします。

出典: みんなの貯蓄額は?平均貯蓄1739万円って本当? [貯蓄] All About

2. 毎月貯蓄にまわす金額はどれくらい?

現状に合った理想の「貯蓄率」を知っておこう

理想の貯蓄率は 年齢やライフステージによって変わります。同じ年代でも、独身or既婚、育児、介護の真っ最中であったりと、状況は様々。重要なのは、人生の“貯め時””使い時”を長いスパンで計画しておく事です。今の自分のベストを見極めましょう。

出典: 給料の何%を貯蓄にまわせばいい? [仕事・給与] All About

3. 毎月の生活費はいくら?

平均データを参考に、家計の見直しも考えて

みんなが生活費にどのくらいお金をかけているのか、気になりますよね。世の中の平均データも参考にしながら、家計の目安にしてみましょう。大事なのは、キチンと支出を把握すること。今も将来も「楽しく暮らす」ことを基本に、時には家計の見直しを。

出典: 2/2 30代の生活費は月26万円!我が家は? [家計簿・家計管理] All About

4. 光熱費は、地域によって驚くほどバラバラだった!

地域差が年間9万円!?光熱費に地域差が出るワケ

ちゃんと生活していくために、ある程度は確保しておくべき水道光熱費。実は全国平均はあまり参考になりません。例えば、北国の厳しい寒さを乗り越えるためには、それなりのコストがかかります。そして、光熱費が一番安く済むのはアノ県でした。

出典: 水道光熱費の平均月2万円。地域差年9万円! [家計簿・家計管理] All About

5. どんな生命保険にどれくらい入っている?

年齢や家族構成によって入っている保険は異なる

イザという時のために加入している生命保険。いったい他の人はどのようなプランを選んでいるのでしょうか? リスクの高低は人によって様々。保険は、リスクに応じてライフステージごとに見直す必要がありますが、その際、他の人のデータが参考になります。

出典: 生命保険の平均加入額はいくら? [生命保険] All About

6. 実はイチバン気になる!? 妻のお小遣い

妻のお小遣いは無駄使いの“温床”になりやすい

妻のお小遣い額は、生活費と混ざって把握できていないという方も多いのではないでしょうか。「友達とのランチや、おけいこ事、雑貨や化粧品も買いたい!」と女性の欲求はキリがありません。使いすぎないためにも、小遣い額を決めるコツを知っておきましょう。

出典: 主婦のお小遣いの平均は1万6000円? [家計簿・家計管理] All About

7. 夫のお小遣い、お隣さんはどうしている?

年齢のほか、未既婚・子どもの有無でも相場は異なる

2014年のとある調査によると、サラリーマンのお小遣い(昼食代を含む)の平均額は3万9572円。前年比1115円アップで2年ぶりの上昇となりました。ただ、本人の年齢に加えて、未婚か既婚か、子どもがいるかいないかでも、平均額には差がでています。

出典: 旦那さんのお小遣い事情と注意するポイント [結婚のお金] All About

家庭の数だけ方法がある!? 我が家のお小遣い制度クチコミ

一口に「小遣い制」と言っても、そのやり方や金額は様々。そこで、「Good Answers」にご投稿いただいた“我が家のお小遣い制度”をオールアバウトがセレクトしました!おすすめの仕組みや、上手なやりくりポイントをご紹介します。

出典: 旦那の小遣いどうしてる?我が家のお小遣い制度 [結婚のお金] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項