“なんとなく不調”、原因は何が考えられる?

病院の検査で問題が無いのに、肩こり、頭痛、めまい、さらに腰痛、胃腸の不調、動悸など身体の様々な症状が出てしまう場合「自律神経失調症」が考えられます。

リンク: 自律神経失調症はどんな症状?チェックシートと対処法 [自律神経失調症] All About

自分の症状をチェックシートで確認してみよう

自律神経失調症では、肩こりや頭痛、めまいなど、様々な症状が見られます。症状のセルフチェックシートに加え、その原因や、詳しい対処法をご紹介します。

出典: 自律神経失調症はどんな症状?チェックシートと対処法 [自律神経失調症] All About

自律神経を整えるには……?

現実的にできることは、自分ひとりでできるレベルの生活習慣の改善です。深夜までテレビを見てしまい寝不足気味だったり、食事の準備が面倒だからとつい外食で済ませていたり、休日はレジャーがメインになりすぎていて休養が取れていないという人は、できることから改善してみましょう。

リンク: 自律神経失調症の予防・治療法 [自律神経失調症] All About

自律神経失調症には、1日2日で効果が出るような特効薬はありません。身体のリズムを根本から改善する必要があるので、即効性ばかりを求めず、最低でも3ヶ月以上は続けるようにしましょう。

リンク: 自律神経失調症の予防・治療法 [自律神経失調症] All About

吐くことを意識した深い呼吸

落ち込んだときに出る「ため息」は、本能的なリカバリーショット。吐く時間が長ければ長いほど、より効果的に副交感神経優位に切り替わり、心が落ち着いてきます。

出典: 呼吸を変えて自律神経の乱れを整える [メンタルヘルス] All About

「1日3回」の食事

自律神経のバランスを安定させるためには、「食生活の改善」はとても重要。1日3回食事をすることで、適切に「腸への刺激」を与えることができます。

出典: 自律神経バランスを整える食事方法 [メンタルヘルス] All About

40度のお湯に15分がベスト!

夕食後から寝るまでの3時間は、質の良い睡眠に入るための準備をする大切な時間です。寝る前の入浴は、身体を清潔に保つというよりも、滞った血流をリカバーするのが目的と言えるでしょう。

出典: 自律神経バランスを整える入浴方法 [メンタルヘルス] All About

夕食後の「ウォーキング」

ジョギングは運動量が大きいため、どうしても呼吸が速く・浅くなり、副交感神経のレベルを下げてしまいます。一方、ウォーキングのよい点は、呼吸を意識する時間がたくさんあるという点です。

出典: 夜のウォーキングで自律神経バランスを整える [運動と健康] All About