社会を賑わせたニュースから今の世相を見る

①「すき家」のバイト離れとは何だったか

少人数オペレーションが批判されたすき家。労働力の大量流失による店舗休業が相次ぎました。その戦略の背景に迫ります。

出典: すき家のバイト離れとファーストフードの競争戦略 [マネジメント] All About

②【戦略をひもとく】苦戦が続く「ソニー」の歴史

マーケティング戦略のなかで、対を成す代表的な考え方、「マーケットインとプロダクトアウト」。ソニーのトランジスタラジオとウォークマンを事例にこれを解説。日本の家電・電機復活の鍵を見出します。

出典: ソニーとアップルの明暗を分けた21世紀型市場戦略とは [マネジメント] All About

③衝撃を与えた「ベネッセ」の情報漏えい問題

ベネッセの個人情報漏えい問題は世間を震撼させました。折に触れてニュースにあがる「情報漏えい」。コンプライアンスの観点で再考します。

出典: コンプライアンス危機 減らぬ情報漏えい問題を考える [マネジメント] All About

④「小僧寿し」不振にみる持ち帰り寿司の未来

持ち帰り寿司の老舗、「小僧寿し」が苦境に陥っています。はたして持ち帰り寿司業界に未来展望は描けるのか。マーケティングの視点から説明します。

出典: 不振の続く”持ち帰り寿司”に未来はあるのか? [マーケティング] All About

⑤【日本市場と海外市場の違い】「シティバンク」撤退のなぜ

シティバンク銀行が日本での個人業務から撤退するというニュースは、衝撃的に報じられました。背景には日本特有の事情がありました。

出典: 富裕層の違い? シティバンク撤退にみる日本的事情 [マネジメント] All About

⑥予備校から不動産業に転換か 「代ゼミ」の決断とは

代々木ゼミナールはその7割を閉校と決めました。その裏には、同社が受験産業一辺倒から不動産ビジネス併業へシフトするという思惑もあるようです。

出典: 予備校から不動産業へのシフトか 代ゼミの強みとは? [マネジメント] All About

⑦「ダイエー」を消滅させたふたつの誤算

イオンがダイエーを完全子会社にする方針を発表。長年国民に親しまれたスーパー「ダイエー」の名が消えることになりました。一世を風靡したダイエーはなぜ消滅してしまったのか。マネジメントの観点から考えます。

出典: ダイエーを消滅させた「ふたつの誤算」とは? [マネジメント] All About

⑧「マクドナルド」のブランドは回復するのか

7月に発覚した肉の仕入れ先であった中国企業が使用期限切れの鶏肉を使用していた事件で、顧客離れが進んだマクドナルド。マクドナルドを事例に、企業ブランドの崩壊と回復策について考えてみます。

出典: マクドナルドのブランド失墜に回復策はあるか [マネジメント] All About

⑨102店舗が閉鎖!「ワタミ」を不振に追い込んだもの

ワタミの業績が深刻な状況だ。同社は2014年度中に102店舗を閉店すると発表。ここまでの不振に追い込んだものとはいったい何か解説します。

出典: 102店舗もの閉鎖!ワタミを不振に追い込んだ影とは [マーケティング] All About

⑩どうなる老舗!? アサヒビールの「なだ万」買収劇

高級料亭「なだ万」がアサヒビールに買収された。その背景にあるものとは?老舗ブランドの今後について、マーケティング視点で解説します。

出典: 「なだ万」身売りの衝撃!老舗が大手に買われる理由 [マーケティング] All About