1. こづかい制にすれば必ず貯まるわけではない

削っていい出費と削ってはいけない出費がある

お小遣いの相場や節約テクニックを夫婦で共有しておけば、毎月貯蓄できる額もアップします! しかし、削りすぎには注意が必要。夫の仕事に役立つ書籍や新聞、仕事絡みの大事なおつきあいは“投資”と考え、必要な費用としてとっておきましょう。

出典: 旦那さんのお小遣い事情と注意するポイント [結婚のお金] All About

こづかい制で確実に貯めるためのルールとは?

世界でも珍しいという「夫のこづかい制」。上手に取り入れれば、効率よくお金を貯めることができるシステムです。こづかい制を成功させるには、共通の目標を持つこと、不公平感をなくすことが重要。夫婦のルールを作ってしっかり貯めましょう!

出典: おこづかい制を成功させる3つのルール [家計簿・家計管理] All About

2. 夫婦別々の別財布でも貯蓄は増やせる!

「分ける」「まとめる」のバランス感覚をもとう

お金について夫婦で話し合っていますか? “賃金”は、働く人のプライドの一部を構成しており、感情が入り交じったものです。「無理やりこづかい制」や、「なんとなく別財布」はNG! 「分けてもいい部分」「まとめるべき部分」を心得ておきましょう。

出典: 夫婦共働き家計の上手な分け方・まとめ方 [賢く生きる3分間マネーハック] All About

うちはコレが一番!? あえて取り入れる「別財布」

結婚後、どのように家計管理をしていくのかは重要。「こづかい制にしてほしい」という奥さんが多いかもしれませんが、こづかい制が厳しすぎると、夫の働く楽しみを奪うことも。いろんな家計方法とそのメリット・デメリットを知り、我が家に合った方法を探しましょう。

出典: 妻が管理?夫が管理?結婚後の家計管理 [結婚のお金] All About

家庭円満だとお金もどんどん貯まる!?

夫婦それぞれが稼いだお金は、自分のもの?それとも2人のもの? 夫と妻とで、かなりの意識差があることがわかりました。家計管理の方法を決める前に、夫婦の微妙な考え方の違いを知っておきましょう。円満な家庭があってこそ“貯める”楽しみも生まれます。

出典: 夫の稼ぎは2人のもの、妻の稼ぎは妻のもの!? [ふたりで学ぶマネー術] All About

3. 「こづかい制」でも「別財布」でも結局は夫婦関係が大事!

家計管理がうまくいくかは夫婦仲にかかっている

家計の管理は、夫婦の連携が必要です。連携上手な円満夫婦でいるためには、お互いを尊重する「努力」が必要です。自分のやり方に固執していませんか? 感謝の気持ち、忘れていませんか? 働く夫の気持ちを大事に、賢く家計をやりくりしましょう!

出典: 夫婦ラブラブを維持する「妻力」は5つのKが肝 [夫婦関係] All About