ガイド両推し! 間違いない高クオリティドラマ

『家族狩り』

(7~9月期 TBS系列で放送)

出典: 金曜ドラマ「家族狩り」|TBSテレビ

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

内容はよかったと思いますが、描写の残虐さが一般の視聴者を引かせてしまいました。だからといって表現を抑えめにしてあの世界観を表現できるとは思えないし難しいところです。

出典: 黒田 昭彦 All About

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

崩壊していく家族と暴走する善意をオブラートに包むことなく大胆に描き切った問題作。制作サイドと俳優たちが懸命に見せる祈りと希望に胸が熱くなります。

出典: 竹本 道子 All About

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

官僚的手腕とオジサン的切り札に、観ていてニヤリニヤリしてしまいます。等身大世代もオジサン傍観世代も、実直で反省と修正を繰り返し、リーダーシップを発揮する主人公に魅了されました。

出典: 竹本 道子 All About

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

『あまちゃん』直後だからできた杉本哲太・古田新太ダブル主演連ドラ。今野敏の原作長編5作をすべて使う贅沢さで、続編をつくることは考えてないところも清々しい。

出典: 黒田 昭彦 All About

青春ドラマは、これをお見逃しなく!

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

進学校の部活をリアルに描いた青春劇。知能戦で技術を磨く本気の姿はちょっと可笑しく、爽やかでキラキラしています。テレビの前で「頑張れ!」と拳を握ってしまう一作。

出典: 竹本 道子 All About

『アゲイン!!』

(7-9月期 TBS系列で放送)

出典: ドラマ「アゲイン!!」公式サイト

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

『あすなろ三三七拍子』が低視聴率だけど視聴者満足度が高い、と話題になりましたが、個人的には時代錯誤な応援団を舞台にした作品としてはこちらをとります。ジャニーズWESTの藤井流星が本来のイケメンを感じさせない熱演が印象的。

出典: 黒田 昭彦 All About

テレ東の金曜深夜“ドラマ24枠”は要チェック!

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

ノスタルジックな色彩、光と影、そしてブルースが雑居ビルのような町を包みます。謎解きではなく交差する人それぞれの幸せのカタチを照らした作品でした。

出典: 竹本 道子 All About

『アオイホノオ』

(7-9月期 テレビ東京系列で放送)

出典: ドラマ24「アオイホノオ」:テレビ東京

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

テレビ東京系深夜のドラマ24枠は低視聴率でも面白いドラマの宝庫。今年は、これ以外にも『なぞの転校生』『リバース・エッジ 大川端探偵社』とおもしろい作品が揃っていました。

出典: 黒田 昭彦 All About

NHKドラマには隠れた名作がいっぱい!

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

原作はレイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」。背筋がキュッと伸びていたかと思うと哀愁漂う猫背を見せる。そんな人物たちを洗練された演出が芳醇に映すハードボイルドドラマです。見逃した方は、2015年1月2日に放送が予定されている“リミテッド・エディション”をぜひ。

出典: 竹本 道子 All About

『銀二貫』

(4-6月期 NHK総合ほかで放送)

出典: 木曜時代劇「銀二貫」|NHKオンライン

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

時代劇でも泣かせる人情話でしたがチャンバラではないため低視聴率に。舞台が江戸ではなく上方、舞台も商家、それも寒天問屋というシブい選択でいままでにない視点が興味深いドラマでした。

出典: 黒田 昭彦 All About

『おわこんTV』

(7-8月 BSプレミアで放送)

出典: おわこんTV | NHKプレミアムよるドラマ

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

番組制作会社を舞台に、ドキュメンタリーのやらせ、ワンパターンな2時間ドラマ、くだらないお笑いバラエティの必要性、テレビマンの独立といった問題を描く。こんなのドラマとして放送していいの? という異色作です。

出典: 黒田 昭彦 All About

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

『すいか』『野ブタをプロデュース』の木皿泉脚本。初めてのNHK連ドラで、生者と死者の関係について描き、これまでの木皿作品の集大成的であり震災後のドラマとしてしみじみと楽しめました。

出典: 黒田 昭彦 All About

一気に観たい、おすすめサスペンス

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

非日常的なバスジャック事件をきっかけに心のひだに埋もれていた負の部分が表出し、澄んだり濁ったりする人間の心模様を、過剰な演出なしで じっくり見せてくれます。

出典: 竹本 道子 All About

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

事件解決に必要なのは汗と涙ではない。動じない孤高の主人公佐久普吾(小澤征悦)の冷酷な手腕の真価に気づいた時、チームが生まれ変わる姿に注目です。

出典: 竹本 道子 All About

働く人たち、が主役の注目作

『ブラック・プレジデント』

(4-6月期 フジテレビ系列で放送)

出典: ブラック・プレジデント - フジテレビ

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

働き方がテーマのおもしろいドラマだと思うのですが、プラック企業が舞台というのが嫌われたのでしょうか。ボーっとしたヒロインを演じた門脇麦の今後に注目です。

出典: 黒田 昭彦 All About

<ガイド・黒田さんのおすすめポイント>

テレビ東京金曜8時のドラマもおもしろくなってきました。『三匹のおっさん』は話題になりましたが、こちらも負けてません。脚本の尾崎将也は『結婚できない男』に『梅ちゃん先生』の松岡(高橋光臣)と、偏屈な理系男を描かせるとうまい。この作品もその路線です。

出典: 黒田 昭彦 All About

ほっこりと楽しみたいドラマはこちら

『孤独のグルメ Season4』

(7-9月期 テレビ東京系列で放送)

出典: 「孤独のグルメ Season4」:テレビ東京

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

1日3回訪れる至福の時間、“料理の表情”を見ずして食べてきた自分を反省してしまいます。「まったり」や「まろやか」ではなく、「ライスもう一つください」に美味しさのすべてを感じる良作です。

出典: 竹本 道子 All About

<ガイド・竹本さんのおすすめポイント>

幅広い年齢の俳優が、それぞれの脚本家が描く親父を演じるオムニバスドラマ。ふとした日常を愛おしく描く日本のドラマの持ち味が感じられる秀作。

出典: 竹本 道子 All About