1. 生活費と経費は分ける

フリーランスがやりがち!「NGなお金の使い方」って?

フリーランスは、仕事のお金と家計を自分で管理する必要があります。会社員とは違い、収入=手取りではありません。どんぶり勘定でやりくりしていると、仕事のお金が家計に消えてしまうという事態も。税金、健康保険料、経費は、生活費と別に管理しましょう。

出典: 個人事業主のどんぶり家計脱出作戦! [家計簿・家計管理] All About

生活費と必要経費のボーダーラインとは

フリーランスにとって、生活費と経費のボーダーラインは悩みどころ。必要経費とされる消耗品、飲食費、事務所関連費などの定義をわかりやすくお伝えします。確定申告の際に苦労しないためにも、コツコツと記録しておくことが肝心です。

出典: 必要経費になるのはどこまで?確定申告の悩みを解消! [起業・会社設立のノウハウ] All About

2. 収入が増えても油断大敵

収入が変動するフリーランスこそ貯蓄が必要!

フリーランスの収入は、毎月変動があるもの。仮に風邪をひいて1日寝ていたら、その日の稼ぎが実質0円になってしまうフリーランスと、有休を使える正社員とでは、貯蓄の重みが違います。「今月は収入が多かったから」と計画なしにお金を使ってしまうと後から恐ろしいことに……。

出典: フリーランスにとって「貯蓄」が必要な理由5つ [貯蓄] All About

3. 生命保険・医療保険の保障は手厚く

会社員に比べて社会保障が乏しい分、自前で用意する必要あり

フリーランスが加入する健康保険は「国民健康保険」ですが、会社員には支給される「傷病手当金」がありません。そのため、病気やケガで働けなくなり、収入が減ったり途絶えたりした時に備えて、医療保障を手厚くしておく必要があります。

出典: 自営・フリーランスに必要な保険 [私の保険、本当にこれで大丈夫?] All About

4. 老後資金についても自助努力が必要

年金を増やす制度や退職金の積み立てを活用して、安心な老後を

フリーランスには退職金や手厚い年金制度がなく、年間80万円程度の国民年金だけでは将来が心配です。そこで、「付加年金」「国民年金基金」「確定拠出年金」で将来の年金を増やす、「小規模企業共済」で退職金を作っておくといった対策が必要になります。

出典: どうする?自営業、フリー、派遣の老後準備 [マネープラン] All About

国民年金プラスアルファを!国民年金基金ってどんなもの?

フリーランスの公的年金は国民年金のみのため、老後に不安が残ります。国民年金基金は、フリーランスや自営業者が「国民年金に上乗せする形」で、「任意で加入する」年金です。国民年金基金の仕組みとメリット・デメリットを知っておきましょう。

出典: フリーランスの年金上乗せに!国民年金基金とは [定年・退職のお金] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項