円安・物価上昇の原因は?金融緩和って何?どんなリスクがあるの?

日銀の金融緩和が生活にどういう影響を与える?投資しないリスクとは

2014年10月31日に日銀の黒田総裁が「金融緩和第二弾を発表」しました。日経平均株価は1万7000円を超え、一気に円安に。その後、消費税10%の見送り、衆院解散と政治、経済ニュースが毎日飛び交っています。この動きは、自分の生活にどんな影響があるのでしょうか?

出典: 日銀金融緩和って何?はじめて投資のツボ [株・株式投資] All About

円安で円の価値が目減り!貯金だけじゃムリ?どうしたら家計を守ることができるの?

現金や預金の場合、投資というイメージはないですが、現金も預金も日本円建てなので、日本円という通貨に投資していることになるのです。

リンク: インフレ時代到来!2014年の資産運用はどうする? [資産運用] All About

円安が進む中、円だけで資産を持つのはキケンです!

物価が上がる時代は、お金よりもモノをもつことが有利とされます。たとえば不動産や金などがその代表例。また、株式も急激な物価上昇のケースを除けばインフレに強いとされます。

リンク: 預金は実質目減り?インフレに勝つための資産運用 [資産運用] All About

預金・貯金だけではなく、株や投資信託などインフレに強い商品を持つ必要があります。

集中投資ではなく、様々な金融資産に分散投資を行うのが大切

リンク: インフレ時代到来!2014年の資産運用はどうする? [資産運用] All About

円だけに投資するのではなく、株や投資信託、金など、さまざまなものに分散して資産を持ちましょう

投資をする上での注意点

家計に初めて投資を取り入れるときには

資産運用を初めて家計に取り入れる人への注意点をまとめています。5つの心得を覚えておきましょう。

出典: 資産運用を家計に取り入れるルール [家計簿・家計管理] All About

ボーナスの一部で投資にチャレンジしてみるのもいいかも

ボーナスの20%は資産運用として金融商品への投資を取り入れるのも良い選択です。ただ、投資にはリスクが伴い元本保証ではありませんので、継続的な勉強と経験を積み相場観を身に付けリスクコントロールする事が重要になってきます。投資を家計に入れることができれば、より資産を形成しやすくなります。

リンク: 冬のボーナスどう使う?賢い活用術 [家計簿・家計管理] All About

資産運用を家計に取り入れるルールを知った上で、ボーナスの一部で投資にチャレンジしてみるのも一考です。

NISAを活用してみよう

株や投資信託の少額投資に有利なNISA制度(少額投資非課税制度)。NISAを利用することで年間100万円までの投資に対する値上がり益や配当金の税金が非課税になります。初心者もぜひ活用したい制度です。

出典: NISA(日本版ISA)とは?その活用法 [投資信託] All About