基本的な設定温度は160~180度で!

いくら低い温度でやっても、時間をかけて巻いたり、何度も何度も、アイロンを当ててしまうのも、ダメージが進んでしまいます。
髪質にもよるのですが、温度の適正は、温度高めだいたい、160~180度ぐらいに設定し、一発で仕上げるのが、一番理想的です(^^♪

リンク: アルバム 渋谷店(ALBUM)|ブログ|アイロンの設置温度ってどれくらいがいいの??|ホットペッパービューティー

髪の傷みが気になる時は、140度以下+ちょっとしたコツでカールをキープ!

コテの温度は140度以下。
あてる時間は5秒くらい。
これが理想だそうです。想像よりだいぶ低い温度ではないでしょうか?

コテの温度が低いとカールがゆるめに仕上がりますが、ある一手間で巻き髪が長持ちします。

髪を巻いたら、すぐ次の毛束を巻かず、巻いた髪の形を手のひらでキープしたまま髪を冷まします。時間は10秒くらいでしょうか。そうするとカールがついてくれます。

リンク: コテの最適な温度って? | ダメージヘア改善 ヘアケアナビ

カールアイロンとストレートアイロンの適正温度の違い

・カールアイロンは、髪をアイロンに巻き付けて保持するまでの時間が約10~15秒と長いため、130℃以下がオススメな温度。

・ストレートアイロンは、一ヶ所に熱が加わる時間が約2~3秒と短いので170℃以下がオススメの温度。

リンク: あなたの髪は大丈夫?ヘアーアイロンのNGな使い方

直毛とクセ毛での適正温度の違い

直毛で毛先をしっかり内側にに丸めたいという方は150度位で

根元のクセが強くてしっかり伸ばしたいという方は180度ぐらい

リンク: 知らなきゃキレイでいられない⁉︎あなたにとってアイロン、コテの適正温度|MINX 原宿店 藤田 ヒトシの1年365日美容師|青山 原宿 表参道 下北沢 銀座 美容室 美容院 ヘアサロン MINX(ミンクス)

ホットカーラーとコテ(ヘアアイロン)、どっちが髪にダメージが少ない?

コテは難しいと思う人が多いのですが、慣れればコテが一番早いのでやはりおすすめです。ホットカーラーは必要以上に長く置きすぎて、ダメージの原因になることがあるので注意しましょう。

リンク: 特集 - アイロン・コテの基礎知識:4.コテ選び&使い方ナビ - らしさ -

結論としては、ホットカーラーよりコテのほうがオススメのようです。

間違った使い方

・カールアイロンを使う前は、絶対にオイルはつけないでください。

・カールを長持ちさせたい=高温で長時間巻く。これは、間違いです。

リンク: 髪の傷めないようにコテを使うには - Chez Moi

男性の髪にヘアアイロンを使用する場合の注意点

1、アイロンの熱から守る保護剤をつける。
2、髪がしっかり乾いている状態でアイロンを使用する。
3、長時間・何度も同じところにアイロンを当てない。

リンク: 家庭でのヘアアイロンの注意点【温度・ダメージ・保護剤】: メンズ(男性)の縮毛矯正は技術力です

ヘアアイロン使用時のNG温度

・巻きつけるタイプのカールアイロンは、135℃を超えた状態で長時間熱を当ててしまうと髪ダメージが現れてしまうため気をつける必要がある。

・挟んでサッと滑らせるストレートアイロンは180℃以上で使用すると高温によってキューティクルが剥がれしまう恐れがある。

リンク: 修復不可能なパサパサ髪に!? ヘアーアイロンのNG温度は●度だった| Life & Beauty Report(LBR)

ヘアアイロン初心者は低めの温度設定から始める!

最初はスイッチを入れずに練習し、150℃~160℃の低めの温度からはじめて。慣れてきたら高い温度に設定して短時間でカールをつけたり、髪質によって温度を使い分けたりといったことができるようになります。

リンク: 特集 - アイロン・コテの基礎知識:4.コテ選び&使い方ナビ - らしさ -