赤ちゃんの器官形成と服薬時期の関係

赤ちゃんの器官はいつできる?

脳や心臓、目や手足など……赤ちゃんの器官形成はいつ頃できるのかまずは確認してみましょう。

出典: 服薬の時期と赤ちゃんへの影響 [妊娠の基礎知識] All About

服薬時期と赤ちゃんの薬への影響の関係

「妊娠4週未満」「妊娠4~7週」「妊娠8~11週」「妊娠12週以降」それぞれの服薬時期と、赤ちゃんの薬への影響の関係とは?

出典: 妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About

もし知らずに服薬してしまったら…

絶対、大丈夫? リスクは高い?

「飲んでしまったけれど絶対大丈夫?」「リスク(危険性)は高いですか?」と担当医に相談したらどのような答えが返ってくるでしょう。もし心配が募るようであれば「妊娠と薬情報センター」に問い合わせてみましょう。

出典: 2/2 妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About

もし、危険な薬だとわかったら……

飲んでしまった薬の不安がもとで、中絶さえ考えてしまう人もいます。虎の門病院の妊娠と薬相談外来でも、そんな方のカウンセリングになる場面があるそうです。

出典: もし、危険な薬だとわかったら [妊娠の基礎知識] All About

妊娠中に薬を飲まなければいけない人もいる

持病がある方の妊娠中の薬との付き合い方

ぜんそく、甲状腺の病気、てんかん、精神疾患などの薬を使っている方は、薬をきちんと飲んだ方が子宮環境を良くすることができたり、薬を飲んだ方が赤ちゃんが安全というケースも。

出典: 薬を飲まなければならないとき [妊娠の基礎知識] All About

妊娠中の風邪・感染症や薬との付き合い方

市販されている薬の種類とリスク度

市販されている一般用医薬品や医薬部外品は、薬の使い方を理解し、使用方法を守れば、妊娠・授乳期でも、軽い症状や健康管理などに利用できるものがたくさんあります。

出典: 妊娠・授乳期の薬の使い方 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About

妊娠中の湿布の安全性は?

妊娠中、市販の外用消炎鎮痛剤を使いた人に正しい使い方を解説します。

出典: 妊娠中の湿布の安全性は? 外用消炎鎮痛剤の使い方 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About

妊娠中の市販胃腸薬の使い方

妊娠中の胃痛、むかつき、軟便、下痢などの胃腸症状に、市販胃腸薬、常備薬の正しい使い方を解説します。

出典: 妊娠中・授乳中の正しい市販胃腸薬の使い方 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About

インフルエンザの予防と対処法

本当のところ妊娠中の予防注射はOK?それともNG? 妊婦さんがもし予防接種をせずインフルエンザにかかってしまったら?

出典: 妊娠中のインフルエンザ予防注射 [妊娠の基礎知識] All About

ノロウイルス感染症にかかってしまったら

妊娠中の方が自己判断で対処すると症状が悪化することもあります。妊娠中にノロウイルス感染症にかかってしまったら……

出典: 妊娠・授乳期のノロウイルス感染症 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About

妊娠の花粉症対策どうすればいい?

つらい症状を我慢してストレスを溜めるのは妊娠にも花粉症にもよくないもの。妊娠中の花粉症との付き合い方を解説します。

出典: 妊娠・授乳期の花粉症対策 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About