1.なぜ嫌われると思うのかを「書き出」そう

実際に嫌われているわけではなく、「嫌われたくない」という気持ちにとらわれてしまっているから苦しいのです。だったら、自分を変えましょう。まず、なぜそう思うのかをリストアップして!

出典: 恋人に「嫌われてしまう」不安な気持ちの解消法は? [今井翔の恋愛コラム] All About

2.彼の「言いなり」になるのは、もうやめる

彼の機嫌を損ねないよう、何でも言いなりに……。それは、逆効果。ふたりのあいだに上下関係のようなものができると、恋愛とはいえません。フェアを心がけましょう。

出典: 都合よく扱われる女と愛される女の違いとは [島田佳奈の恋愛コラム] All About

3.ひとりで悩みすぎず、彼に「直談判」する

メールの返信やデート中の態度など、些細なことから「嫌われた」と被害妄想に陥るのは、無駄です。彼に「どうしたの?」と聞けば、考えすぎだとわかるかもしれませんよ。

出典: 2/2 ドン引き!恋愛初期に犯しがちなタブー集 [島田佳奈の恋愛コラム] All About

4.彼の「奴隷」になるなら、嫌われてもいい

尽くされて当然というオレ様男に嫌われたくないあまり、自動的に奴隷状態になる女性……。そうしなければ捨てられる関係なら、こちらから見きったほうが精神衛生上いい!

出典: 「彼氏のママ」にならないための彼女ワザ [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.自分を「本気」で愛すれば、解放される!

「モテたい」というのは自然な願望ですが、そこに「人に嫌われたくない」という下心があるうちは変われません。その思いを捨て、真の魅力を身につければ、自分が輝ける!

出典: モテる魅力を身に付けるには? [ひかりの恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項