1.「他人」の恋愛観は参考までにしておく

恋愛で壁にぶつかると、「どうしたらいい?」と他人に相談。その人の恋愛価値観に流される……では、幸せになれるはずがありません。自分とその人は別の人間。最終的には自分で決められる女になって!

出典: 「自分」をしっかり持って、恋愛観を失わない! [恋愛] All About

2.「母親」から与えられた恋愛観を見直す

恋愛観が定まらず、いつも交際がうまくいかない女性のなかには、母親からの影響を強く受けている人が少なくないそう。母娘関係を見直し、トラウマからの脱却を考えて。

出典: 母親との関係を見直して恋愛運アップ [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

3.恋愛と「自己愛」の区別がついていない

何かあるとすぐにブレるのは、恋愛観が未熟だから。自分が愛されることばかり望むのは、自己愛の延長です。本物の愛情へとステップアップさせる方法は、記事をチェック。

出典: 大人女子と子供おばさんの恋愛の違い [恋愛] All About

4.身勝手な「結果主義」の恋愛観を捨てる

私が好きになったんだから、彼も私を好きになってくれなきゃ……という結果主義の恋愛観では、うまくいかないのも道理。それは愛ですらないと、ガイドが厳しく指摘!

出典: 3/4 あなたの「好き」は本当に好き? [恋愛] All About

5.「時代に即した」恋愛観を身につける!

ひと昔前は「草食系男子」という語もなかったように、恋愛観の潮流は時代とともに変化します。そこにアップデートできていないと、振り向いてくれる相手は現れません。

出典: 2/2 恋愛体質ではない男性へのアプローチ法 [吉戸三貴の恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項