1.「類似点」「共通点」がたくさんある

運命の相手=ソウルメイトとは、前世で誓いを立てあった仲間、というのがガイドの解釈。前世では同じ環境下で暮らしていた経験があるので、類似点、共通点が多いといいます。

出典: 2/2 「あの人は運命の人?」と迷った時のチェックポイント [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About

2.小さな「疑問」「違和感」が出たら×

つき合いが長くなるにつれ見えてくる、彼のいろんな面。そのときに「アレ?」と疑問や違和感を少しでも感じたら要注意! 彼は残念ながら、運命の人ではなさそうです。

出典: 3/3 電撃結婚できる?! “運命の人”の見分け方 [恋愛] All About

3.運命の条件を「リストアップ」してみる

せっかく出会っても、自分で運命だと気づかなければ意味ナシ。一度、自分が思う運命の条件をリスト化しましょう。それを満たす人と出会ったら「彼だ!」と気づくはず。

出典: 2/2 運命の人を見分けるには? [今井翔の恋愛コラム] All About

4.ぶつかっても「理解したい」と思える

ケンカが耐えず、「彼は運命の相手じゃない」と思うのは早計。彼を好きだからこそ、互いに理解したいと思うのです。ぶつかっても気持ちが途切れないなら、それは運命!

出典: 3/3 「運命の人」と出会いつきあい始めたらどうなるの? [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

5.「会話」がなくてもお互いに心地いい

一緒にいて居心地がいい人、というのはいうまでもありませんが、お互いに気遣いあってばかりだと疲れます。会話がなく無言でいても気持ちが穏やか……理想的な関係です。

出典: 3/4 「運命の人」を見分ける5つのチェックポイントとは? [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About