誤解1.流産は妊婦さんの不注意が原因だ

妊娠の初期に起こる流産は、そのほとんどが受精卵の異常によるもの。多くは染色体や遺伝子に異常があってうまく細胞分裂ができなかったためで、偶発的に起こります。

出典: 妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About

誤解2.腹痛や出血などの自覚症状が必ずある

「腹痛」と「出血」が流産の二大サインです。しかし中には、自覚症状のない流産もあります。赤ちゃんは子宮内で死んでしまっているものの、そのまま子宮内に留まっている状態である「稽留(けいりゅう)流産」とは?

出典: 2/3 妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About

誤解3.流産した人はまた繰り返す

流産を経験した人は「また流産するのでは」という不安にかられます。流産経験者の流産率は、2回までならたいして上昇しません。2回繰り返したとしても、「単に偶然が重なっただけ」の可能性が高いといえます。

出典: 301 Moved Permanently

誤解4.流産しないための対策はない

流産のほとんどは防げないが、中には、早期に発見し、適切な治療を受けることでで流産を避けることができるももあります。東京大学医学部附属病院に聞いてみました。

出典: 流産しない為の対策ってあるの? [妊娠の基礎知識] All About

誤解5.切迫流産とは今にも流産しそうな状態を言う

切迫流産は、稽留流産や進行流産、不全流産といった、流産の状態を表現したものではありません。胎児心拍が確認できればほとんどのケースで妊娠継続できる可能性があります。

出典: 切迫流産 [流産の基礎知識] All About

誤解6.妊娠検査薬で陽性が出たのに生理が来た…検査結果が間違っていた

ふだんより少し遅れて、少し重い生理があった経験を思い出す方はいませんか。もしかしたら、それはきわめて早い時期の流産だったかもしれません。。医学的に流産にはカウントしないオカルト流産のようなもの「化学流産」とは?

出典: 化学的流産(ケミカル・アボーション) [流産の基礎知識] All About

誤解7.流産すると手術をしなければいけない

流産は進行程度と状態によっていくつかに分類され、通常は子宮内容除去術(掻爬手術)が行われます。しかし、中には、自然流産になるまで待ち、手術が必要でない場合もあります。

出典: 2/3 妊娠初期の流産 [流産の基礎知識] All About