人間関係に疲れやすいタイプの人とは

● 気を遣いすぎて、発言や行動を我慢してしまうことが多い
● 人から「こう思われているんじゃないか」と考えすぎてしまう
● 他人の「言葉の裏」を探ることが多く、よく確認せずに「思い込み」で判断することが多い
● 率直に思いを告げずに、陰口、悪口でストレスを解消している

リンク: 「人間関係に疲れやすい自分」を直す4つのコツ [ストレス] All About

考え過ぎだとは分かっているけれど……

仲良しグループに嫌われるのが怖く、周囲に調子を合わせてしまう

友だちやグループなど、仲の良い間柄がいつもストレス源になってしまう場合、精神的な距離の保ち方に問題があるのかもしれません。

出典: 人づきあいに必要な、精神的距離の保ち方 [ストレス] All About

「この程度か」とがっかりされるのが怖く、つい自分を大きく見せてしまう

仕事や友だち付き合いのなかで、つい自分を大きく見せてしまい、その結果、心が消耗していませんか?

出典: つい自分を大きく見せて疲れないための4つのポイント [ストレス] All About

見捨てられるのが怖く、相手の気を引く極端な行動をしてしまう

友達や恋人との間で、「私を見捨てないで!」という不安が強いと、自分自身を生きにくさの渦に追い込んでしまいます。

出典: 2/3 友情や恋愛で感じる「見捨てられ不安」とは? [ストレス] All About

本音を言うことで相手を傷つけると思い、意見を抑えこんでいる

言いたいことを我慢することでその場がうまく回ることもありますが、「あのとき言ってくれればよかったのに」なんて言われて、さらにストレスを感じてしまうことも。

出典: 本音を言っても角を立てずに問題解決できる話法 [ストレス] All About

「本音」と「建前」の判断がつかず、身動きがとれなくなってしまう

「○○してね」と言われたので、その通りにしてみたら、なぜか不機嫌に見える。大人の会話によく見られる「本音」と「建前」。これが、受け手にとっては非常に大きなストレスになることがあります。

出典: 「本音」と「建前」のダブルバインドが生む対人不安 [ストレス] All About

「受け流すべきストレス」に悩まないためには

「受け流すべきストレス」と「受け止めるべきストレス」の違いとは?

生きている以上、ストレスからは逃れられません。だからこそ、「受け流すべきストレス」と「相対すべきストレス」を選別することが肝心。そのコツを紹介しています。

出典: 「受け流すべきストレス」に悩んではダメ! [ストレス] All About

不安、イライラ…「イヤな感情」を無くすために

生きていれば「イヤな感情」はつきもの。しかし、そもそもこうした負の感情をなくすことはできるのでしょうか? 森田療法をもとに、感情との上手な付き合い方を考えてみましょう。

出典: 不安、イライラ…「イヤな感情」ってなくせるの? [ストレス] All About

「人間関係に疲れやすい自分」を直す4つのコツ

大人のお付き合いは広く浅く、距離を保ちながら。気疲れせず、人と付き合うための4つのコツをお伝えします。

出典: 2/2 「人間関係に疲れやすい自分」を直す4つのコツ [ストレス] All About