老後の不安を軽くすることがスタート

老後に不安はつきもの。だからこそ、ついつい後回しにしてしまったり、老後資金の準備そのものをあきらめてしまうことも……。そこでまずは、その不安をグッと軽くするための発想と行動を指南します。

老後の不安を軽くする考え方と行動とは

「平均寿命と健康寿命の違い」「公的年金の不足分を埋めるには」「自助年金の必要性」などなど、老後の不安を軽くするヒントが詰まった対策あれこれ。老後について考えるにはうってつけのガイド記事です。

出典: 老後の不安を軽くする3つの考え方 [定年・退職のお金] All About

「脱・貯められない人」への第一歩を踏み出そう

老後の備えと言えば、一にも二にも「資金」です。では、それが貯まらない人はどうするか。答えは明解です。ならば、今日から貯めましょう。そのためのヒントを人気のFPたちが解説します。

貯められる人に変わるための行動術

本を読んでもセミナーに参加しても貯められなかった……。そのような貯めたくても貯められない人を、ステップ別にしっかりと貯める人に変えてしまう。まるで魔法のような方法が、あるんです。

出典: 『貯められる人』に変わる最初のステップ [貯蓄] All About

参考にしたい、20代で老後資金1000万円を貯めた人たち

20代と言えば、貯蓄の必要性は感じつつも、危機感はほとんど感じていない世代のはず。ところが、その若さで1000万円貯めてしまった人たち。しかも、それが老後資金というから驚きです。その貯蓄法、大いに参考にしたいところです。

出典: ガイドは見た!「1000万円貯蓄」がある人の習慣4つ [貯蓄] All About

老後資金は今からでも作れる

公的年金の不足分を自分の資金でカバーする。これができてこそ、困らない老後、必要最小限の老後の備えができたことにとなります。しかし、その作り方は一通りではありません。ここでは、各方法と、中でもその王道と言える方法を紹介します。さあ、あとは実践あるのみ!!

自分の老後を助けるためにできること

「自助年金」という言葉、聞いたことがあるでしょうか? 要は、自分で用意する老後のためのお金。ここではその方法を解説します。財形貯蓄や確定拠出年金、さらには保険商品、資産運用まで。自分に合った方法を見つけましょう。

出典: 年金はあてにせず貯蓄をすべき? [家計簿・家計管理] All About

「資金なし老後」からアナタを救う積立の実力

老後資金の作り方はさまざま。でも、貯蓄が今までできなかった人、気持ちはあっても貯められなかった人にとっては、積立貯蓄こそがベストな選択でしょう。コツコツという地道な貯蓄の繰り返しこそが、貯められないアナタを「老後貧乏」から救ってくれるのです。

出典: 毎月の1万円が400万円に!! 貯蓄を始めるなら積立貯蓄 [預金・貯金] All About

知っておかないと損をする、公的年金の中身

自分で用意する老後資金の基本的な考え方は「公的年金のカバー」です。だから、公的年金のしくみを十分に理解し、手にするものは最大限に手にする。それにより、老後資金づくりはスムーズに進み、最終的には「困った老後」のリスクを軽減するのです。

国民年金、せっかくだから増やしましょう

国民年金は主に自営業者のための公的年金となる制度ですが、過去に、あるいは現在継続中の未納期間がある人も少ないはず。そこで、そんな未納を穴埋めし、結果として手にする年金額も増える方法を、年金のスペシャリストが解説します。

出典: 3/3 国民年金のお得な増額方法とは? [年金] All About

将来のために厚生年金基金を理解したい

会社勤めの人にとっては、厚生年金が退職金とともに老後の大きな支えとなっています。では、最近よく耳にする厚生年金基金はどうでしょう。実はこれ、厚生年金と混同しがちですが、まったくの別物。しかもその扱いはちょっと複雑なのです。

出典: 厚生年金基金と厚生年金って別物なの? [年金] All About