1.ドキドキ感より「愛のやすらぎ」を重視

恋のドキドキ感は、時間が経つと薄れていく……。そのときこそ、〈やすらぐ愛情〉にシフトするタイミングなのです。目の前にいる愛しい人の存在を、再確認しましょう。

出典: 2/4 本当の愛は、穏やかで温かいもの [ひかりの恋愛コラム] All About

2.臆病心は捨てて、「真剣に」相手を想う!

傷つきたくないから攻めより守り。恋愛に対して消極的でいれば疲れない……というのは間違い。相手への真剣な想いがある→深い恋愛にたどり着く→そして穏やかな関係に。

出典: 2/3 誰にでもなれる“恋愛体質”って? [恋愛] All About

3.「対等な関係」を築ける男性と交際する

人にうらやまれる彼と、一緒にいると気分が穏やかになり、リラックスできる彼。後者を求めるなら、言いたいことをなんでも話せてイーブンな関係を築ける人を選んで! 

出典: 2/2 なぜ追いかける恋愛はうまくいかないの? [久野浩司の恋愛コラム] All About

4.穏やかな男性との関係を「長続き」させる

穏やかでやさしい男性と出会えた! なのに交際中に彼が頼りなく見えてきた……。だったら、自分が没頭できる趣味を見つけて。刺激は外に、穏やかさは彼に求めるのです。

出典: 3/4 女の「理想の彼氏像」でわかる恋の落とし穴 [恋愛] All About

5.「野菜好き」の男性は穏やかな恋愛を好む

穏やかな恋愛をするには、肉・魚より野菜好きな男性が狙い目! このタイプは、ドラマチックな刺激や急展開ではなく、穏やかに、そして着実に愛を育む性格の持ち主です。

出典: 2/5 肉・魚・野菜 好きな食べ物でわかる相性 [恋愛] All About