基本中の基本!「腹式呼吸」をマスターしよう!

声を使うためには腹式呼吸を

歌手やアナウンサー、声優の呼吸法は「腹式呼吸」です。こちらのページでは、腹式呼吸で声を出すトレーニング方法をご紹介しています。

出典: 腹式呼吸の練習法 - エイベックスのボイストレーニング教室(東京・大阪・名古屋・福岡)

背筋を伸ばします。 親指と人差し指で輪っかを作り、口を丸めて輪っかの中に入れます。 この状態で、ゆっくり息を吐いていきます。 もうこれ以上吐けないところまできたら、お腹の力を使ってもう一押ししましょう。 本当に吐けなくなったら、お腹の力を緊張させたまま5秒間停止します。 そして、お腹を楽にします。

リンク: 腹式呼吸の練習法 - エイベックスのボイストレーニング教室(東京・大阪・名古屋・福岡)

劇団四季の発声法は母音をしっかり発音すること!

劇団四季の発声法の特徴のひとつに「母音法」というのがあります。「アイウエオ」の5つの母音をきちんと発音すると、美しい日本語になるそうですよ!さっそくマネしてみましょう!

出典: 基本はあくびの形 劇団四季に学ぶきれいな発声法  :日本経済新聞

まず、あくびをしよう。大きく空気を吸って「ワアア~ッ」っと喉や口が最大限に広がった瞬間が「理想的な喉のフォーム」(青山さん)。

 次に鏡を見て表の口の形を確認する。「俳優はあごが外れるほど大きく口を開けて練習する」。口の形を覚えたら秘伝の「レギュラー表」を実践しよう。「アイウエオ、イウエオア、ウエオアイ、エオアイウ、オアイウエ……」と発声する。

リンク: 基本はあくびの形 劇団四季に学ぶきれいな発声法  :日本経済新聞

ビジネスシーンで役に立つ発声法は「胸振発声法」!

腹式呼吸などを一通り覚えたうえで、ビジネスシーンに使える「胸振発声法」を使ってみると声量を調整したいい声が出ます。

出典: ビジネスに活かせる発声法とは? [話し方・伝え方] All About

「胸振発声法」とは、呼吸は腹式で行い、音声をお腹にではなく、胸に響かせる発声法のこと。
胸振発声法のメリットは、何よりも日常のコミュニケーションに適した発声法であるということです。なぜならば胸振発声では、声を胸に響かせることで、声帯に無理な力を加えずに、自然な大きさの声にすることができるからです。また、骨に響かせることで発声にムラがなくなり、聞き取りやすい張りのある声にもなります。

リンク: ビジネスに活かせる発声法とは? [話し方・伝え方] All About

面接時に印象をよくする話し方

面接時はボソボソと話すのはいい印象を与えませんよね。座り方から発声する時のポイントをこちらの記事にまとめていますので、日頃から意識しておくと面接も楽勝です。

出典: 面接に成功する発声の仕方 [話し方・伝え方] All About

面接ではよく「大きな声」ではっきりと話すとよいと言われますが、大切なのは大きさではなく、「健康的な声」であること。

そのためには、普段の自分の声よりも少し高めに出してみましょう。少し高めとは、さわやかに「おはようございます」と言ったときの声をイメージすると、分かりやすいと思います。このような声はこもらないで、身体から勢いよく発せられますので、スピーディで元気な印象になります。

リンク: 面接に成功する発声の仕方 [話し方・伝え方] All About

本で発声法をマスターするなら…

アナウンサーになるために知っておきたい発音たち

最近のアナウンサーは鼻濁音がうまく使えないといいます。一般人でも電話などを介した時に聞き取りやすい発声を心がける必要があります。アナウンサーを目指している人向けの一冊ですが、元アナウンサーが聞き取りやすい日本語を話すポイントを解説しています。

出典: Amazon.co.jp: アナウンサーになろう! 愛される話し方入門 (YA心の友だちシリーズ): 堤江 実: 本