アナウンサーが身につける技術を。「アナウンサーの話し方教室」

アナウンサーがどうして話のプロといわれるのかというヒントが詰まった一冊。押しつけではないところも読みやすいポイントでしょう。

出典: Amazon.co.jp: アナウンサーの話し方教室 (角川oneテーマ21): テレビ朝日アナウンス部: 本

上手な話し方は「聞く力」を持ってから

相手の話題を潤滑に引き出すのは、聞く力があるからこそ。自分があまりしゃべらなくとも自分に主導権があるトークは魅力的に感じます。

出典: Amazon.co.jp: 聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書): 阿川 佐和子: 本

相手に聞き取りやすい発音を考える

雑談力は知識だけではなく相手に伝わりやすい発音などもポイントになります。

出典: Amazon.co.jp: アナウンサーになろう! 愛される話し方入門 (YA心の友だちシリーズ): 堤江 実: 本

外国人のコミュニケーション力を学ぶ

アメリカ人として、日本のお笑い芸人としてそのトークには定評のあるパトリック・ハーランさんの著書。練習でトークは磨くことができるとのこと。

出典: Amazon.co.jp: ツカむ! 話術 (角川oneテーマ21): パトリック・ハーラン: 本

雑談力は無理してあげなくていい

雑談力は日々の経験や知識から少しずつ培われるものであって、急激にあげようとしてもうまくいかないものです。逆に、日々意識しているだけでも向上のチャンスがあります。

出典: Amazon.co.jp: 雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール: 齋藤 孝: 本

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項