1.「素の自分」を隠してつき合うのは、限界がある

彼の前では不満や不安を口にせず、自分の胸だけに溜めこむことは、もうやめませんか? 素の自分を隠しつづけるのには、限界があります。偽りの自分でしか彼と向き合えないのなら、二人の関係性を見直したほうがよさそう。

出典: 我慢の多い恋愛から卒業するには? [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

2.「遠慮」から我慢する人は、恋が長続きしない

彼に直してほしいところは遠慮しちゃって言えないのに、向こうはズケズケ言ってくる……では、あなたの身が持ちません! 解決策はなんと〈口げんか〉。言いたいことを、素直に言いあいましょう。

出典: ケンカするほど仲が良いは本当? ケンカ恋愛維持法 [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About

3.彼に「尽くして」も、感謝をされないどころか…

食事や洗濯など、一方的な奉仕で彼の身の回りの世話をしても、彼は感謝するどころか〈都合のいい女〉扱いしてくるだけです。一度ストライキするのも、ひとつの解決策!

出典: 3/4 急増中! 尽くしすぎてフラれる女たち [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

4.我慢する「ストレス」で心身の健康が損なわれる

極端な束縛や暴力、理不尽な主従関係などは耐えているうちに、心が麻痺していきます。強いストレスが続くと身体にまで影響し、体調をくずします。早く目を覚まして!

出典: 2/2 うまくいかないこの恋、諦めたほうがいい? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.我慢癖がついた女性は「モラハラ男」を引き寄せる

4のように一度、麻痺すると、それは癖になります。すると、支配欲の強い男性を引き寄せやすくなる法則があるそう。そしてモラハラの悲劇、再び……。発想の転換が必要です。

出典: 突然の別れを招かないために [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項