資金づくりの名人から学ぼう

どう手を付けたらいいかわからない、老後資金づくり。ならば達人に学びましょう。模倣こそ最良の解決策。「老後破産」にならないためのスタートは、20代でありながら老後資金を準備してしまった人の謎に迫ります。

20代で老後資金1000万円を貯めた人のヒミツ

20代と言えば、貯蓄の必要性は感じつつも危機感はほとんどなし、という世代のはず。ところが、その若さで1000万円も貯めてしまった人たち。しかも、それが老後資金というから驚きです。そこで、その貯蓄法をじっくりと探ってみます。

出典: 20代で老後資金を1000万円貯めた人、ココが違う! [お金美人のすすめ] All About

迷わず積立から始めよう

老後資金づくりと言ってもその基本は貯蓄、お金を貯めることです。そして、貯蓄の王道と言えば「積立」にほかなりません。どんな資金にも通用する積立の極意を、貯蓄を知り尽くしたFPが語ります。

思い立ったら銀行へ急ごう!!

積立貯蓄は、もっとも身近な金融機関、銀行で簡単にできるのです。しかし、そこにも利用ポイントが存在します。安全確実、気が付けば自然とたまる積立貯蓄をより効率的に活用しましょう。

出典: 貯まる!銀行の自動積立、活用法 [預金・貯金] All About

積立貯蓄、「続く人」と「続かない人」の分かれ道

手軽にできて、天引きで自然と貯まる。そんな、いいことづくめの積立貯蓄ですが、実際は積立が継続しない例も少なくありません。続いてナンボの積立貯蓄。継続のポイントを解説します。

出典: 積立貯蓄、やってはいけない3つの「ム」とは?(その1) [貯蓄] All About

長期投資を味方に付けよう

貯蓄は元本保証の安全性商品。大事な老後資金づくりには欠かせないアイテムですが、増え方という点では不安と不満が……。それをカバーするのが「投資」です。しかも、老後となれば長期投資が可能。資金的に余裕のある老後を目指して、始めてみませんか。

長期だからこそわかる投資の本当の実力

老後資金づくりに投資が向いている、その大きな理由のひとつが長期投資が可能だからです。では、長期投資とは何がメリットなのでしょうか。ベーシックな長期投資術を学びましょう。

出典: 気がつけば株価が〇倍?長期投資の実力 [株・株式投資] All About

長期投資で開花する新興国ファンドとは

投資をするなら今後の伸びがより期待できる投資商品を、と誰もが思うはず。そこで、長期投資でよりパフォーマンスの高さが期待できそうな新興国ファンドを、人気のカリスマFPが解説します。

出典: 長期投資なら新興国株ファンドは外せない [投資信託] All About

保険の活用にも目を向けよう

貯蓄と投資、そしてもうひとつ自分で用意できる老後資金があります。それが保険。元来、保障部分があるため、貯蓄性は分が悪いと言われる保険商品ですが、やはり長期間が味方します。保険を利用した老後の備えをまとめてみました。

積極的に増やすための、個人年金保険

老後資金づくりのための保険と言えば、個人年金保険がその代表。しかも、ここで紹介するのは、投資要素が含まれる変額個人年金保険。リスクはあるものの、より増やしたい人には要チェックです。

出典: 老後資金を増やす個人年金保険活用法 [個人年金] All About

教育資金づくりのトレンドを老後に利用

保険でもうひとつ取り上げるのが、低解約返戻金型終身保険。中途解約のペナルティーが高い分、保険料は割安。ここ数年、これを教育資金づくりに利用する例が増えています。この記事もその紹介ですが、実は老後資金づくりにも利用価値は大。まずは商品の中身をのぞいてみましょう。

出典: 教育費を貯めるには「低解約返戻金型保険」も候補に [学資保険] All About