まずは音符に慣れよう!

ピアノの技術はピアノがないと練習できませんが、譜面を読むのはスマホでも練習できます。初見で音符やリズムがつかめるようになると、実際に弾く段階でも余裕が生まれます。

出典: ピアノ入門者が集中すべきポイント3つとおすすめ教材 [ピアノ] All About

入門レベルでは使われる音の数が限られリズムもシンプルなので、ピアノを弾くために必要な楽譜の基礎を頭に入れたら、あとは焦らずゲーム感覚で楽しみながら音符の位置を覚えていきましょう。

音符をスラスラ読めるようにしておくと、実際にピアノに向かって練習する時のストレスがぐっと軽減されます。手っ取り早く、鍵盤がなくてもちょっとした時間の空きに使えるのが音符カードや読譜学習アプリです。

リンク: ピアノ入門者が集中すべきポイント3つとおすすめ教材 [ピアノ] All About

読譜学習におすすめのアプリをご紹介します。このほかにもiPhone・Androidアプリがいくつかありますので、楽しく学習できるものを見つけてくださいね。

【iPhoneアプリ】 iDokufu
【Android アプリ】楽譜マスターLite
普段から利き手の逆を意識しよう

特に強い右利きの人は左手で鍵盤を見ないで押さえることが困難です。日常生活から両手を平均して使うようにすると、演奏の時にスムーズに指が動きます。

出典: 上手になるために || ピアノ初心者NAVI~5つの上達ポイント

ピアノ初心者に待ち受ける最初の壁が、左手の運指です。
利き手が右手の場合、どうしてもそちらにつられてしまって、うまく左手を動かすことができません。
初心者が効率良く上手くなるには、左手を鍛えて、右手につられないようになりましょう。

■簡単な単音を弾いてみよう
最初は、左手だけで簡単なメロディーを弾くことから始めましょう。

リンク: 左手を鍛える || ピアノ初心者NAVI~5つの上達ポイント

指を鍛えよう!

10本の指をバラバラに動かすには、指の神経を独立させて筋肉をつけることが重要!

出典: ピアノレッスンのヒント〜上達のヒント〜指を鍛える

今まで多くの人がやってきて、効果があるといわれているのは、ゆっくりと弾くということです。

ただゆっくり弾くだけではありません。指の1本1本の神経が、しっかりと自分の意思どおりの命令を実行しているか、確認するように弾きます。

このゆっくりとした動作を確実に実行することによって、ピアノを弾くのに必要な指の筋力がつくのです。

気をつけたいポイントとしては、ムダな力を入れないということです。

リンク: ピアノレッスンのヒント〜上達のヒント〜指を鍛える

ピアノ初心者のための教材の選び方

早く上達するには、教材も重要!教材選びのポイントをお教えします。

出典: 上達・長続きするピアノ独習のコツ [ピアノ] All About

□ レイアウトや文字の大きさが見易く、自分にとってわかりやすい説明か
□ 本の最初と最後に載っている楽譜のレベルが違い過ぎないか
□ DVDやCDなど、実際に模範演奏を見たり聞いたりできる資料は付いているか

リンク: 上達・長続きするピアノ独習のコツ [ピアノ] All About

初心者にオススメの教本

上記のポイントを踏まえて、初心者にオススメの教材をピックアップした記事をご紹介します。

出典: 初心者にオススメのピアノ独習用教本|All About(オールアバウト)