不安1:結婚式をするだけの貯金がない

親からの援助やご祝儀など「入ってくるお金」もある

挙式・披露宴にかかる総額は平均340万円。これだけ見ると高額ですが、親からの援助やご祝儀なども含めると、自己負担は意外と少額で済む可能性も?どれくらいのお金が入ってくるか目処をつけて、その範囲内で無理のない結婚式を計画するとよいかも。

出典: 結婚にかかる費用はいくら? [結婚のお金] All About

工夫しだいで80万円の節約も可能!?

ペーパーアイテムの自作や引き出物の持ち込みなど、結婚式の費用を節約するコツはいくつもあります。実際に節約した先輩カップルの感想もチェックしておきましょう。

出典: 80万円の節約も可能!? 結婚式の費用を抑えるワザ7選|All About(オールアバウト)

不安2:相手と金銭感覚が合わなそう

相手の浪費癖を確認するには、2つのポイントがある

結婚後、相手の金銭感覚にビックリすることがあります。結婚後に家計管理がうまくいかなくなったら大変。相手のお金の使い方のうち、恋愛中にチェックしておきたいのが「コンビニの買物」と「同性とのつきあい」です。

出典: 恋愛中に知っておきたい 相手の金銭感覚 [家計簿・家計管理] All About

どちらか一方の金銭感覚を押し付けないように

それまで異なる生活をしてきた2人が一緒に暮らすのですから、何かしらトラブルが発生するもの。収入に差があるカップルなら、なおさらです。金銭感覚が異なるのは当たり前。お互いの価値観や状況を受け入れることから始めましょう。

出典: 収入格差婚にありがちな5つのトラブル [結婚のお金] All About

不安3:自由に使えるお金が減りそう

小遣い制でもストレスなく節約できる方法がある

結婚後のお金のルールで特に重要なのが、旦那さんのお小遣い。世の中のサラリーマンの平均額や、予算内に収めるための節約方法をチェックしておきましょう。日々の何気ない習慣を見直すことがポイントです。

出典: 旦那さんのお小遣い事情と注意するポイント [結婚のお金] All About