ランキングの前に「日本カー・オブ・ザ・イヤー」とは?

ただ「良いクルマコンテスト」ではない?

選考対象となるのは2013年11月1日~2014年9月30日までに発表または発売され、年間500台以上の販売台数が見込まれる乗用車。選考委員でもあるガイドが、「日本カー・オブ・ザ・イヤーとはどんな賞なのか?」について解説します。

出典: 選考委員が解説「日本カー・オブ・ザ・イヤー」とは? [国産車] All About

第10位 トヨタ ヴォクシー/ノア

驚異的な受注を獲得

待望のモデルチェンジで、最初の1か月の受注が驚異的な記録だったというトヨタのヴォクシー/ノア。その完成度は?

出典: 新型ヴォクシー/ノアの完成度は完璧か!? [TOYOTA(トヨタ)] All About

第9位 ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム 【スモールモビリティ部門賞】

軽自動車で初の5つ☆

軽自動車では初の衝突安全評価満点となる5つ☆を獲得したホンダN-WGN。軽自動車激戦区で人気の理由に迫る。

出典: ホンダ・N-WGNが軽自動車激戦区で光る理由 [HONDA(ホンダ)] All About

第8位 ジープ チェロキー

大胆で挑戦的なデザインへ!

アメリカンクロスオーバーSUVのジープ チェロキーが、過去とは手を切ったかのような姿で登場。

出典: 大胆な面構えのクロスオーバー、ジープ チェロキー [輸入車] All About

第6位 プジョー 308

欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

スカイラインと同票で第6位となった「308」は2014年11月5日に発売予定。リンク先では初代を紹介しているので新型の参考に!

出典: 心地よい実用車とは? を教えてくれるプジョー308 [プジョー] All About

第6位 ニッサン スカイライン

素晴らしい安全性能

電子装備により、高い確率で事故を未然に防ぐことが出来るというスカイライン。最も安全なクルマとも評されるその安全性能とは?

出典: スカイラインの素晴らしい安全性能を解説! [NISSAN(日産)] All About

第5位 スズキ ハスラー

可愛いデザイン走りはハード

愛嬌のあるデザインが目を惹くスズキのハスラー。しかし、乗ってみるとスズキらしく本物志向で驚かされる?

出典: スズキ・ハスラーはカワイイ顔して意外にハードな走り [SUZUKI(スズキ)] All About

第4位 スバル レヴォーグ

アイサイト3も話題に!

レガシィの後を継ぐステーションワゴンとして発売されたスバル・レヴォーグ。話題のアイサイト3についても解説!

出典: ワゴン離れしたスバル・レヴォーグの走り [SUBARU(スバル)] All About

第3位 BMW i3 【イノベーション部門賞】

電動モーターで動かすBMW

電気自動車であるだけでなく、生産のエコ化や軽量化でも話題に。その気になる乗り心地は?

出典: BMW i3はクルマ好きをも虜にするEV [BMW] All About

第2位 メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 【インポートカー・オブ・ザ・イヤー】

圧巻の走りと質感 

わずか19票差で惜しくも2位となったが、メルセデス・ベンツの技術をあますことなく注入した力作。自動車のプロも思わずうなる圧巻の走りをレポート!

出典: 圧巻の走りと質感。Cクラスは再びクラスリーダーに [メルセデス・ベンツ] All About

第1位 マツダ デミオ 【日本カー・オブ・ザ・イヤー】

「走る楽しさ」を再認識させてくれるクルマ

ベンツCクラスとの大激戦を制し2014-2015日本カーオブザイヤーに輝いたのは新型デミオ。マツダの「SKYACTIV技術」や「魂動」を全面的に採用し、プロも大絶賛する一台へと仕上がった。王者となったデミオが教えてくれる「走る楽しさ」とは?

出典: マツダ新型「デミオ」正式発表! 気になる評価は? [MAZDA(マツダ)] All About