艦船プラモデル作りに必要な道具

戦艦を作るのに“絶対”必要なもの

パーツの切り取りには、ニッパー、カッティングマット、アートナイフまたはデザインナイフ
くっつける工程には、接着剤、瞬間接着剤
加工する工程には、紙やすり、やすり、ピンセット
塗装する工程別には、ブラシ、エアブラシが必要になります。
リンク先の記事ではそれぞれオススメの道具、その他あるといい道具なども紹介があります。

出典: 戦艦を作るのに必要なもの

プラモデルの作り方の基本は?

プラモデル・模型の組立・工作から、ワンポイントディティールアップまで

「ランナーからキレイに部品を切り離すコツ」「部品を接着した際に出来る合わせ目処理の方法」など、プラモデル作り全般の基本を紹介します。艦船プラモだけでなく、クルマ、バイク、ガンプラなどでも応用可能です。

出典: プラモデル・模型の組立、工作、ディティールアップポイント

塗装やマスキング、塗り分けのポイント

塗料の性質、サフの役目、エアーブラシの選び方、マスキングの方法、デカールの貼り方などなど、プラモデル・模型製作の塗装全般に関するコツを写真入りで解説したサイトを紹介します。

出典: プラモデル・模型の塗装ポイント

艦船プラモデルの作り方のポイントを動画でチェック

【初心者向プラモ講座】筆塗りで作る!軍艦プラモの作り方軽巡洋艦:球磨編

筆塗りで「タミヤ1/700軽巡洋艦多摩」を製作する手順を、初心者向けにわかりやすく紹介した約15分の動画。

リンク: 【初心者向プラモ講座】筆塗りで作る!軍艦プラモの作り方軽巡洋艦:球磨編 - YouTube

【初心者向プラモ講座】艦船模型の空中線の張り方(1)マスト編

艦船模型の空中線にスポットをあてて、マストの信号旗索の張り方を実際に行って、初心者にとってもわかりやすく解説。

リンク: 【初心者向プラモ講座】艦船模型の空中線の張り方(1)マスト編 - YouTube

【初心者向プラモ講座】艦船模型の空中線の張り方(2)メイン空中線編

前部マストから後部マストにかかる、長いメイン空中線の張り方を、初心者向けに実際に行って解説した動画。

リンク: 【初心者向プラモ講座】艦船模型の空中線の張り方(2)メイン空中線編 - YouTube

初心者向け【艦船プラモ】おすすめキット

艦船模型で有名なのはウォーターラインシリーズです。このウォーターラインというのは船の喫水線(きっすいせん 船体が海中に沈む部分と海上に出ている境界線)の意味でこの喫水線以下が省略されており船底が平にカットされているので完成すると海に浮かんだような状態になります。このシリーズは静岡にある模型メーカー、タミヤ、ハセガワ、アオシマの3社が共同で開発しておりスケールは1/700に統一されています。

リンク: チョー初心者のためのプラモ講座 はじめてのキット選び5 (艦船模型編)

息子が、このプラモを始めから最後まで1人で作りました。朝6時から8時まで、そして夕方4時から8時までかかって、わたしの助けを得ることなく組み立てました。息子は色塗りせずに、頭の中の想像でフルカラーにしているらしく、ペイントしないで遊んでいました。作りやすくて楽しく作業していました。

リンク: Amazon.co.jp: 1/700 ウォーターラインシリーズ No.113 日本海軍 戦艦 大和 31113: ホビー

タミヤの「1/700 ウォーターラインシリーズ No.113 日本海軍 戦艦 大和 31113」のAmazonでのカスタマーレビューです。

キットの成型も良くく細かいパーツで細部まで表現されていおり
アオシマ 1/700 ウォーターラインの護衛艦の標準的な出来上がりです。部品点数は多
すぎず少なすぎずで船体は一体成型です。(艦尾の一部、甲板はのぞく)初心者から
上級者まで楽しめるキットだと思います。

リンク: Amazon.co.jp: 1/700 ウォーターラインシリーズ 海上自衛隊イージス艦 あたご: ホビー

アオシマの「1/700 ウォーターラインシリーズ 海上自衛隊イージス艦 あたご」のAmazonでのカスタマーレビューです。