スイスの有名腕時計ブランド 11のヒストリー

ロレックス 【Rolex】

スイスの高級時計を象徴するロレックスだが、実はドイツ、バイエルン州出身の起業家ハンス・ウイルスドルフがロンドンに設立した会社に始まる。懐中時計が主流の20世紀初頭に「腕時計」に挑んだロレックス。その歩みは、まさに「腕時計」の発展史そのものだった。

出典: ロレックスの歴史 [男の腕時計] All About

オメガ 【OMEGA】

1848年、スイス・ジュラ山脈のラ・ショー・ド・フォンに時計師ルイ・ブランが創設した工房が始まり。ただ、当時は別のブランド名だった。「究極」という意味を込め、ギリシア語のアルファベットの最後に登場する「Ω(Omega)」と名付けられたのは、一つの傑作の誕生に由来する。

出典: オメガの歴史 [男の腕時計] All About

タグ・ホイヤー 【TAG Heuer】

1860年、エドワード・ホイヤーが工房を創設して以来、タグ・ホイヤーは150年以上にわたり、“ある技術”のスペシャリストとして名声を築いてきた。その技術が絶賛されオリンピック競技の公式サプライヤーを務めるという栄誉を手に入れたが、その技術とは?

出典: タグ・ホイヤーの歴史 [男の腕時計] All About

ブライトリング 【Breitling】

創業は1884年。レオン・ブライトリングが設立した精密機器を製造する工房に始まる。創業当初からの「計器としての時計づくり」は2代目ガストンの時代、3代目ウィリーの時代へと脈々と受け継がれていった。また、航空界と親密な関係を築いたことで、コックピット搭載用計器の第一人者として名声を確立していく。

出典: ブライトリングの歴史 [男の腕時計] All About

ジラール・ペルゴ 【GIRARD-PERREGAUX】

スイス屈指の老舗ブランドは時計師コンスタン・ジラールと妻マリー・ペルゴの姓を組み合わせて1856年に誕生。1861年には、コンスタンの義弟が来日したが、この時の日本はまだ幕末時代。日本初の時計輸入代理店はジラール・ベルゴだった。

出典: ジラール・ペルゴの歴史 [男の腕時計] All About

フランク・ミュラー 【FRANCK MULLER】

創業者のフランク・ミュラーは幼い頃から機械に特別な興味を抱き、ジュネーブ時計学校に進み、主席で卒業。当初は独立時計師として、アンティーク時計の修復や愛好家のオーダーによる1点製作などを手掛けていたが、時計界が「天才」を放っておくはずはなかった。

出典: フランク・ミュラーの歴史 [男の腕時計] All About

ゼニス 【ZENITH】

創業からわずか10年で1000人を雇用する大工場へと発展したゼニス。当時のスイスの町ル・ロックルでは成年労働者の3人に1人がゼニスで働いていたという。いかにしてゼニスは拡大していったのか。そこには他の高級ブランドとは一線を画す戦略があった。

出典: ゼニスの歴史 [男の腕時計] All About

ロンジン 【LONGINES】

時計にメーカー名やロゴマークを記して高品質を謳うことを始めた先駆者だったロンジン。工場設立の1867年から使われた「ロンジン」の名称や「翼の砂時計」のロゴマークをスイス連邦知的所有権局に登録して、いわゆる「ブランド」の確立と保護にいち早く取り組んだことでも知られている。

出典: ロンジンの歴史 [男の腕時計] All About

オーデマ ピゲ 【AUDEMARS PIGUET】

1875年、時計の名門一家の出身の時計師ジュール=ルイ・オーデマ、そしてエドワール=オーギュスト・ピゲの名前を合わせて誕生したのがオーデマ ピゲだった。時計に情熱を燃やしたオーデマとピゲの2人が共通の目標としていたものとは?

出典: オーデマ ピゲの歴史 [男の腕時計] All About

ショパール 【Chopard】

東欧、ロシア、北欧などで人気を博し、高級時計の本拠地ジュネーブに1937年に本社を移転するなど、誕生以来、国際的な高級時計ブランドとしてビジネスを展開していた。しかし、1963年、ショパールの未来を変える「転機」が訪れてしまう。

出典: ショパールの歴史 [男の腕時計] All About

パテック フィリップ 【Patek Philippe】

現在の腕時計に一般的に使われている、ゼンマイの巻き上げと針合わせをリューズで行う機構の発明者が時計師のジャン-アドリアン・フィリップ。不便だった鍵巻き式に終止符を打ち、時計を進化させた革新的なこの機構を生かして、パテック フィリップは次々に傑作を世に送り出していく。

出典: パテック フィリップの歴史 [男の腕時計] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項