【野菜別】保存の仕方

玉ねぎ

・湿気やムレによって、腐りやすいので、風通しのよいところで保存します。日の当たらないところに、吊るして保存するのが理想です
・夏場は高温多湿となるので、冷蔵庫の中で保存した方がよいです
・箱やかごなどに入れる場合は、湿気がこもるので、ひとつずつ新聞紙に包んで保存しましょう

リンク: たまねぎ(玉葱)の栄養・選び方・保存方法 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

白菜

・寒い時期(5℃前後)は、新聞紙などにつつんで庭やべランダに、立てた状態で置いておけば、1週間ほどもちます。
・全体を新聞紙に包み、立てた状態で冷暗所へ置いておけば、3-4週間保存できます。
・葉を外側から1枚ずつはがして使い始めた場合も、同様に保存します。その際、捨ててしまう外葉でくるんでから新聞紙で包むとよりよいです。

リンク: 冬野菜(大根・白菜)の保存 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

大根

・まず葉を切り落とします。葉は付け根ギリギリのところで切り落としましょう。
・新聞紙につつみ、冷暗所に立てて保存します。3-4週間ほど保存できます。
・葉はビニール袋などに入れて、野菜室で立てて保存します。3-5日以内に食べきるようにしましょう。

リンク: 冬野菜(大根・白菜)の保存 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

なす

・低温に弱いので、できれば常温保存を。常温なら2~3日もちます。ビニール袋に入れるか新聞紙で包んで保存します。
・冷蔵庫で保存する場合は、ビニール袋に入れて保存します。冷蔵庫に入れると果肉も皮も固くなって、風味が落ちてしまうので、早めに食べることをおすすめします。

リンク: なすの栄養・選び方・保存方法 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

大葉(シソ)

冷蔵保存
湿らせたキッチンペーパーに大葉を包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。
水を張ったコップに、大葉の茎をつけて、ビニール袋をかぶせて冷蔵庫へ。
いずれも1週間ほどで使いきりましょう。

冷凍保存
風味と香りが落ちてしまいますが、千切りにした大葉を、密閉容器にいれて冷凍庫へ。1ヶ月以内に使いきりましょう。

リンク: 薬味野菜(大葉・万能ねぎ・生姜・みょうが)の保存 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

みょうが

冷蔵保存
湿らせたキッチンペーパーに包んで冷蔵庫の野菜室へ。1週間以内に使いきりましょう。

冷凍保存
刻んだものを小分けにラップで包み、密閉容器か袋に入れて冷蔵庫へ。1ヶ月以内に使いきりましょう。

リンク: 薬味野菜(大葉・万能ねぎ・生姜・みょうが)の保存 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

その他、万能ねぎや生姜といった薬味野菜、ほうれん草・小松菜といった葉もの野菜、じゃがいも・にんじん・ごぼうといった根菜もひと手間加えれば冷蔵・冷凍で長期保存することが可能です。

万能ねぎ・生姜の保存方法
葉野菜(ほうれん草・小松菜・ブロッコリー)の保存方法

天候不順などでビックリするほど高くなることもある葉野菜も、家庭菜園で収穫したときに、上手に冷凍保存すれば、「あと1品」というときや、「ちょっとだけ使いたい」というときにも便利です。葉野菜を冷凍保存する際のコツを紹介します。

出典: ラクチン&美味しい冷凍保存 野菜編その1 [一人暮らし] All About

根菜(じゃがいも・やまいも・にんじん・ごぼう)を冷凍保存するテクニック

「根菜は冷凍できない」と思い込んでいませんか?実はひと手間かけることで、冷凍保存できる根菜もあります。じゃがいも、やまいも、にんじん、ごぼうなどの冷凍保存法を解説。

出典: 2/2 ラクチン&美味しい冷凍保存 野菜編その1 [一人暮らし] All About

保存の効くレシピ

野菜の甘さが際立つ【干し野菜】

たくさん収穫できた野菜なら、干し野菜にすることで、長期間楽しめるようになります。余分な水分が抜けて野菜の甘さが際立ちます。たくさんの野菜だけでなく、残り野菜といった少量でも!

出典: 干し野菜の作り方 [ホームメイドクッキング] All About

カラフルなピクルスで野菜を楽しむ!【ピクルスレシピ集】

夏野菜のように、なまのまま長期保存しにくい野菜ならピクルスがオススメ。見た目のカラフルさも楽しく、長期間味わうことができます。

出典: ピクルスレシピ・作り方一覧 - [レシピ] All About