①使える企画書はすべて流用する

過去のもの、同僚のものを活用する

余計な時間はかけない。過去に自分が作った企画書や同僚の作った企画書で、流用できるものは使う。これは時短で企画書を作成する際の鉄則です!

出典: 提案書作成時間を短縮させる3つのコツ [営業のノウハウ] All About

②無料のテンプレを使いこなす

これで一気に効率化!無料テンプレートの上手な活用法

いそがしいビジネスパーソンを手助けしてくれる企画書の無料テンプレがネット上にあります。便利なサービスを利用し、より効果的・効率的に企画書を作成しましょう。

出典: 企画書作成を一気に効率化する、無料テンプレート集 [企業のIT活用] All About

③言葉はできるだけシンプルにする

相手に伝えたいことはできるだけシンプルに。会話も企画書も、結局は同じ。

体言止めを使う、ナンバリングする、自分でルールを決めて企画書を極力シンプルに仕上げましょう。結果、時短だけでなく相手にわかりやすいものになっているはずです。

出典: 提案書の速攻改善ワザ(ビジュアル編) [営業のノウハウ] All About

④いっそのこと企画書を書かない

トップ営業マンは企画書を書かない、は本当なのか

極論といってあなどるなかれ。できる営業マンは提案書を書かずとも「売りきる」のだとか。その秘密に迫ります。

出典: トップ営業マンは提案書を書いていない!? [営業のノウハウ] All About